スコットランド女王メアリー

30 の用例 (0.00 秒)
  • 彼はもう一人の王位継承候補者であるスコットランド女王メアリーよりもエリザベスが好ましいと考えた。
  • エールはトラクエアにおいてスコットランド女王メアリーの時代にも醸造されていた。
  • フランスでカトリックの教育を受けたスコットランド女王メアリーは、1561年にスコットランドへ帰国した。
  • スコットランド女王メアリーとの結婚計画を進めたことでエリザベス女王に警戒されるようになり、1569年のの際にロンドン塔に幽閉され、さらに1571年のに関与したとされて1572年に大逆罪で処刑された。
  • スコットランド女王メアリー・スチュアートの治世下で、プロテスタント宗教改革の指導者としての働きを続けたのである。
  • 彼女はフランスがイングランドへ侵攻し、スコットランド女王メアリーをイングランド王位に据えようと企てることを恐れていた。
  • ヒリアードは1560年に当時13歳だった自身の肖像画を描いており、18歳のときにスコットランド女王メアリーの肖像画を書いたといわれている。
  • フェリペとカトリック教会は、テューダー家の血を引くカトリックのスコットランド女王メアリーこそが正統なイングランド君主であると考えていた。
  • スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。
  • 彼は徹底的にスコットランド女王メアリーを疑っていた。
  • しかしスコットランド女王メアリーとの結婚計画によりエリザベス女王に警戒され、1572年に大逆罪により爵位接収のうえ処刑されている。
  • ジェームズ5世の庶子であった彼は、異母妹であるスコットランド女王メアリーによって島々を与えられていた。
  • メアリー1世が死ぬとエリザベスが王位につくがこれに異を唱えたのがスコットランド女王メアリー・スチュアートだった。
  • 長兄であるドーファン・フランソワの婚約者としてスコットランド女王メアリー1世が宮廷で養育されており、彼女と同じ部屋で育ったとされる。
  • さらにイングランド王家の血を引くスコットランド女王メアリー・スチュアートはカトリックということもあって、イングランドの王位を巡ってエリザベスの周りには様々な思惑が渦巻いていた。
  • カトリーヌの時代にはメディチ家はイタリアでは有力家門になっていたが、フランス宮廷では不釣り合いな結婚と見なされており、息子の嫁のスコットランド女王メアリーまで「フィレンツェの商人女」と陰口を言っている。
  • イングランドでエリザベス1世が即位すると、スコットランド女王メアリーはエリザベスが庶出であるとしてイングランド王位を要求し、スコットランドとイングランドの関係は悪化した。
  • クロードは、姉エリザベート、兄の婚約者であるスコットランド女王メアリーとともに育てられた。
  • フェリペはエリザベスを打倒して、カトリックであり、かつイングランド王位継承権者である前スコットランド女王メアリー・スチュアートを王位に就けようとする陰謀を支持していたが、メアリーを幽閉していたエリザベスが1587年に彼女を処刑したために阻止されてしまった。
  • しかし4代公爵はスコットランド女王メアリーとの婚約騒動で女王エリザベス1世の不信を買い、1572年に大逆罪で処刑された。
  • 次へ »