スケソウダラ

全て 名詞
30 の例文 (0.00 秒)
  • たいてい、スケソウダラのような顔をしていた。 ...
  • またこのスケソウダラは海洋管理協議会から持続可能性な漁で流通されているとの認定を受けた。 ...
  • 実際はスケソウダラのすり身を使い、カニの煮汁で風味をつけた蒲鉾である。 ...
  • スケソウダラやマダラの水揚げが盛んな冬期間のみ製造され、鮮度が良い白子のみが利用される。 ...
  • 第二次世界大戦以後はスケソウダラの冷凍すり身が普及した。 ...
  • スケソウダラなどでは延縄による漁に限るなど、延縄漁法への見直しが行われてもいる。 ...
  • 原料として安価なスケソウダラが多く用いられる。 ...
  • しかし、そのころ配給のスケソウダラは、茶色っぽくて世間一般の食べ物の色合いと同じであった。 ...
  • 彼女たちはスケソウダラではなく、ほんとうにチューリップみたいに美しい。 ...
  • すいとんやスケソウダラは、モンペや回覧板や防空頭巾の中で食べてこそ涙のこぼれる味がするのだ。 ...
  • 実際には、主な原料はスケソウダラである。 ...
  • 富山県朝日町では、漁師が、船の上で獲れたてのスケソウダラをぶつ切りにして食していたが、浜に戻ってから家族とともに食す慣わしとなり、地域の家庭料理として定着していった。 ...
  • 理由はマダラ子そのものが加熱調理用食材として産地では親しまれていること、スケソウダラのものよりサイズが数倍になるため、味が染みるのに時間がかかる、色が黒っぽいため見た目が良くない、マダラ自体が鮮度低下の早い魚であるという理由が挙げられる。 ...
  • 味噌三平はサケ、塩三平はスケソウダラを使うことが多い。 ...
  • 近海でサンマ・スケソウダラ・イカなどが取れ、主に漁業で生計を立てる。 ...
  • しかし、ベーリング海でのスケソウダラ漁は底引き網で行われており、絶滅の危機にあるオヒョウを混獲していると指摘されている。 ...
  • このタラはスケトウダラと呼ぶのが正しく、スケソウダラとか、スケトウと呼ぶのは本来の呼び方ではありません。 ...
  • 次へ