スカイフック

全て 名詞
49 の例文 (0.00 秒)
  • そのために編み出されたのが有名なスカイフックというシュートだった。 ...
  • スカイフックは、回転する場合と回転しない場合がある。 ...
  • 航空機や低軌道の輸送機関がスカイフックの一方の端に貨物を届ける。 ...
  • スカイフックという用語はイタリアの科学者ジュゼッペ・コロンボが提唱したものである。 ...
  • スカイフックは、別の発射システムの概念である。 ...
  • 標準車に対して車高が20mm下げられ、スカイフック制御を行うアクティブサスペンションが装備される。 ...
  • 回転するスカイフックは、この設計を変更して下端の速度を低下させ、ケーブル全体がその重心の周りを回転する。 ...
  • 軌道上のステーションの高度は地球の表面から2000kmしか離れていないため、スカイフックによって地球の表面まで吊り下げるのに十分な強度の材料を見つけることで実現可能である。 ...
  • 軌道エレベーターや極超音速スカイフック等の巨大構造物は航空機の使用可能な領空を侵犯する恐れがある。 ...
  • 更にアブドゥル=ジャバーはこれを左右両方の手で打つことが出来た上にスカイフックを相当な遠距離からも楽々と決めることができた。 ...
  • 発進は圧縮空気を用いたカタパルトで行い、回収にはスカイフックと呼ばれる独自のシステムを使用する。 ...
  • 高さ39mのスカイフック部分を展示スペース、円形のホール部分を多目的ホールとして利用していた。 ...
  • 手を離れたボールはアーチ状の軌道をえがいてからゴールへ落下するが、スカイフックはゴールよりも高い位置から投げ下ろされるため、ブロックは不可能。 ...
  • また、海軍で実験中だったスカイフック救難システムの使用許可も得ており、映画終盤のボンドとドミノの回収に使われた。 ...
  • 先代のスカイフックTEMSに代わりインフィニティTEMSが採用された。 ...
  • 実際に架空の線が存在するわけではないので、車体上に設置した加速度センサを基にしてまったく振動しない架空の線を算出し、スカイフックモデルとつじつまが合うようにアクチュエータの駆動力を制御してやるというものである。 ...
  • したがって「スカイフック」と呼ばれるような説明し得ない飛躍はそのプロセスには存在せず、進化の中途で起こりえたすべては「クレーン」、たとえばボールドウィン効果のような事例を通して説明が可能であるとされる。 ...
  • 次へ