スカイフック気球

全て 名詞
13 の例文 (0.00 秒)
  • 空軍はこの事件は、当時よくUFOに誤認されていたスカイフック気球の誤認によるものだと発表した。
  • そこで17個のスカイフック気球および9個の小型気球クラスタによる実験を行う。
  • 途中スカイフック気球の試験を行う。 ...
  • マンテル大尉事件においては、海軍が開発していたスカイフック気球を誤認したというのが、有力な説かつ空軍による公式見解であるが、当時のスカイフック気球は海軍の機密事項であったため、その存在を知らない大尉にとっては本来の意味においての「未確認飛行物体」であった。 ...
  • 最終的に空軍は、マンテル大尉が当時UFOとよく誤認されたスカイフック気球を追跡して高度をあげるも、酸素系の故障か酸素マスクの付け忘れによって意識を失い、墜落したのだろうと発表した。 ...
  • スカイフック気球はその高高度性能を買われてソ連への高高度航空偵察、および高高度航空侵攻のための高空の気流・気象データの収集にも用いられていたが、詳細は機密のままである。 ...
  • モーグル計画は、1940年代後期に開始されたスカイフック気球計画や、1950年代初期に実施されたソビエト連邦に対する領空侵犯と写真調査を目的とする2つの諜報作戦先駆けであった。 ...
  • 磁気赤道における宇宙線研究を目的としたチャーチー計画の一環として1953年9月、プラスチック製スカイフック気球13機が成層圏へ発射された。
  • トーマス・マンテル大尉がUFOを戦闘機で追撃、その後墜死したいわゆるマンテル大尉事件について、「大尉はスカイフック気球をUFOと見間違え、酸素マスクを付けないまま高高度に上昇してしまい、意識を失い墜落した」という説明がある。 ...
  • なお、当日早朝に近隣のミネソタ州リプリー基地からスカイフック気球が打ち上げられ、事件後の当日午後4時にケンタッキー州でスカイフック気球が目撃されている。 ...
  • thumb|right|ミサイル実験艦ノートン・サウンド|ノートン・サウンドより放たれるスカイフック気球 スカイフック気球とはアメリカ海軍のによって1940年代後半から1950年代にかけて大気の研究、特に高高度における気象観測に使用された無人気球である。 ...
  • thumb|250px|海上から放出されるスカイフック気球その後、この事件は全米のマスコミに報じられた。 ...