スカイフォール

全て 名詞
34 の例文 (0.00 秒)
  • 空間転移門が現れた事件『スカイフォール』から数十年が経った時期、エグザマクスの登場が地球での近代戦争を一変させた。 ...
  • 両親が登山事故で亡くなったところまでは原作と同様だが、その後にスコットランド郊外にあるスカイフォールを実家としてキンケイドに育てられた後に、オーベルハウザーという人物に引き取られ義兄のフランツと共に育ったという出生に変更されている。 ...
  • ボンドを演じたダニエル・クレイグはキャラクターが登場しないことに対する懸念を表明し、『スカイフォール』でQを復活させるという希望を表明した。
  • しかし、メンデスが『007 スカイフォール』の製作に専念したために本作の製作が遅れることになり、フォーカス・フィーチャーズは企画から降りてしまった。 ...
  • その影響はクリストファー・ノーランの作風の影響を受けた『007 スカイフォール』でより顕著となっており、主人公と悪役の対比、病を患いながらも戦い抜く主人公像が特徴的である。 ...
  • 巨大なレプリカの建物を実際に爆発させた『ワールド・イズ・ノット・イナフ』とは異なり、『スカイフォール』ではポストプロダクション時にデジタルで爆発が加えられる。 ...
  • その後『007 スカイフォール』にて、ジェームズ・ボンドを支えるQ役に起用された。 ...
  • スコットランドにあるボンドの家族の家のスカイフォールは、サリー州Hankley Commonで合板と石膏を使ってフルスケールモデルの建物が築かれた。 ...
  • 「スカイフォール」でボンドとMは、ボンド家の猟場管理人であるキンケイドの協力のもと、ありあわせの材料で作ったいくつもの罠を家中に仕掛け、シルヴァの到来を待つ。 ...
  • シャーロックに隠された妹がいたこと、また生家が燃える描写があることについて、ジェームズ・ボンドシリーズの『007 スカイフォール』・『007 スペクター』との関連を指摘する記事も存在する。 ...
  • 公開後3週間目の記録としては、『アバター』の6800万ドルに次ぎ2位となり、『007 スカイフォール』の3500万ドルを越える結果となった。
  • ショーン・コネリーが初代ジェームズ・ボンドを演じると発表されてから50周年となる2011年11月3日、ロンドンのコリンシア・ホテルにて記者会見が開かれ、『スカイフォール』のキャストが公式に発表された。 ...
  • MGMはちょうど23作に及ぶ007シリーズの世界的な成功、『007 スカイフォール』と『ホビット 思いがけない冒険』の両作の世界興行収入がそれぞれ10億ドルを突破したことにより破産状態から脱却し、また当時パラマウントとは聖書映画『ノア 約束の舟』を成功させていた。 ...
  • しかし、前述した『007 スカイフォール』と同年の『ホビット 思いがけない冒険』の2作が興行収入10億ドルを突破する世界的な大ヒットを記録したため、MGMは破産状態から脱却した。 ...
  • 一方、観客動員数は2週連続1位であったが、3週目は『007 スカイフォール』に抜かれ第2位となった。 ...
  • また、ジェームズ・ボンドの映画『007 スカイフォール』のカーチェイスシーンの一部でも、グレート・スコットランドヤード通りが使用された。 ...
  • それ以降、『アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』のゲームブックシリーズを中心に『ブラッド・ソード』シリーズや『スカイフォール』シリーズなど様々な英米の作品の日本語訳を出版していき、当時の日本におけるゲームブック市場に一定の存在感を与えていた。 ...
  • 次へ