ジュズ玉

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • これは数珠玉を糸に通して屈伸自由の一個のステッキと変えてぬきとる。 ...
  • けれど、まさちゃんは、だまってしたいて、じゅずだまとおしていました。
  • じゅずだまができがると、まさちゃんはよろこんでおどがりました。 ...
  • おまえたちが毎歳まいとし採ってくる、あのジュズ玉の皮を取ったものなのだと教えてくれた。 ...
  • 夜光虫を数珠玉じゆずだまにしたような長い桟橋は、暗い海に突き出された悪魔の槍に似ていた。 ...
  • 庭のじゅず玉の実を集めて、それでお手玉を作ってくれた。 ...
  • はじめての場所で目を覚ました人みたいに、じゅず玉のような小さな眼をぱちくりさせて我々を見まわしながら立っていた。 ...
  • 数珠玉じゆずだまのように続いていた客の流れがとだえた。 ...
  • だが忘我の時間体験によっても、それぞれの時代にいまの瞬間しかない時間を数珠玉のようにつないでみても必然論が超えられるはずはない。 ...
  • その数珠玉がことりと胸の中に落ちると、聞き慣れた曲の合間に、ふと昔の私がのぞきこんで笑う。 ...
  • 国の木は勿体なくて焚木たきぎにされず、乾しあげて数珠玉をったり箸にしたりした。 ...
  • ガラス玉は発見時の24点のうちの一部と見られているが、木製数珠玉は発見時に1個が報告されており、記録に見られない発見として注目されている。 ...
  • そこで聖大パホミイは天使の教えた通りに、十二重に紐を編み、数珠玉を作った。 ...
  • 右手首に数珠玉の跡が二列並んでいた。 ...
  • また、ほかのおんなは、じゅずだまってくびかざりなどをつくっていました。 ...
  • リボンと数珠玉とふさと造り花とが入っているの。 ...
  • 靴下を買いに来て靴下がどうでもよくなるこの事態はおまえの人生を象徴してるよ、イタガキの言葉は数珠玉みたいに結び付く。 ...