ジュウジュツ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • おれはついでだから、君の腕は強そうだな柔術じゅうじゅつでもやるかと聞いてみた。 ...
  • 柔術と共に、自分もやがて、この世から消えてゆく人間だと思っていた。 ...
  • さらに柔術の技を取り入れ、見たこともない技を次々に見せていった。
  • またその古流柔術にもどの時代に発達した柔術かにより技術体系が違う。 ...
  • かつて、拳法という用語は柔術の異称として使用されていたことがある。 ...
  • 今も、警官たちを相手に、柔術の指導を済ませたばかりのところである。 ...
  • 逆技が多く昭和初期頃までは逆柔術という名で近隣に知られていた。 ...
  • これは、柔道、あるいは柔術の持っている要素のひとつにしかすぎない。 ...
  • 柔術に出会い、その柔術によって自分はここまで生きてこられたのだ。 ...
  • 多分この講釈は柔術の先生に聞いた事をそのまま繰り返したものかと思われた。 ...
  • 入門時に、柔術を学ぶのは初めてかどうか、そのくらいのことは訊ねる。 ...
  • 大使館の地下には畳がしかれ、大使用の柔術着も置かれていたという。 ...
  • 弱くなったが、わたしはようやく柔術が楽しいと言えるようになった。
  • もともと、柔術の型を踊りに取り入れた振り付けであったと言われる。 ...
  • 中は広々とした空間で、二十畳分だけ、柔術用の白い畳敷きにされている。 ...
  • ただ一つ知っている、それは柔術の活法から来ているところの当ての手でした。 ...
  • 黒帯になってから柔術・グラップリングの大会で一本負けをしたことがない。 ...