ジャニー喜多川

42 の用例 (0.00 秒)
  • ジャケットの嵐の文字は、ジャニー喜多川が書いたものである。
  • 元々は代表・ジャニー喜多川の個人事務所で正式名はなく「ジャニーズの所属事務所」の意でこの名を使用していた。
  • またドイツ人の父親と日本人の母親を持つマリウス葉をメンバーに加えたことについて、ジャニー喜多川は「国際性を持たせたかった」としている。
  • 他のジャニー喜多川社長に対する暴露本と同様、マスコミでこの本の出版について報道されることはなかった。
  • しばらくこの4人での活動が続いたが、城島がジャニー喜多川に交渉した事により、山口も新しくメンバーに加わった。
  • 当初メンバーの4人がジャニー喜多川を説得し、3人の加入を実現させたことも明かされた。
  • 芸名は3種類とも全てジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川による命名であった。
  • ジャニーズ事務所では、グループが結成され、そのグループに提供された楽曲をテレビなどで歌唱したり単独コンサートを開催したりしても、社長であるジャニー喜多川が認めなければCDデビューはできない。
  • 事務所のスタッフからジャニー喜多川社長の居場所を教えられて日劇へ行き、ジャニー本人と直談判の末に入門を認められる。
  • なお、ジャニーズ事務所の社長・副社長であるジャニー喜多川・メリー喜多川姉弟が終戦前に帰国した際、大谷の元に身を寄せ面倒を見てもらっていた。
  • また、1960年代前半にジャニーズの付き人をしていた北公次をどうしてもデビューさせたいがために、各所から人材を取捨選択して作ったグループだと後にジャニー喜多川が発言している。
  • この慣例については、2009年・第60回出場歌手発表後に番組側は「枠を設けたことはない」と説明したが、番組終了後にジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川が「NHKに2枠固定と言われ意固地になっていた」と事務所毎の一定枠が存在することを示唆する発言をしている。
  • ジャニー喜多川社長は「一応1年後を目処に成果を発表する」とする一方で、「日本が元に戻るまでエンドレスで活動する」とも語り、特に活動期限を定めない方針も明らかにしている。
  • そしてその様子をテレビで観ていたジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川によって1974年にスカウトされ、中学1年生の時に上京して芸能界入り。
  • しかし、事務所社長のジャニー喜多川の「かっこよすぎる」の一言により、このようなタイトルになった。
  • 木山将吾は、15歳の時にジャニー喜多川本人に見出され、2年ほど都内の合宿所へ通っていた。
  • 名子役として芸歴の長い江木俊夫は子役の頃から周囲の百戦錬磨のスタッフすら騙されるほどの自然な演技力を身につけていたが、ジャニー喜多川の意向もありグループ内では三枚目キャラクターを担当していた。
  • 山下は2011年1月から5月にかけて国内外を回る単独アジアツアーを行ったが、この準備段階の2010年秋ごろからソロ活動の希望を抱き、同ツアーを終えた6月、ジャニー喜多川社長に「ソロで自分の力を試したい」と相談していた。
  • 小学校6年生の時、少年隊ファンの姉が勝手に郵送した履歴書がジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川の目にとまり、直接電話で当時神戸で行われていた光GENJIのコンサートに招待される。
  • 中学2年生の頃、同級生が送った写真がきっかけでジャニー喜多川から直接の電話があり、ジャニーズ事務所にスカウトされるが、当時音楽を初めたばかりで自作曲を歌いたかったために断った。
  • 次へ »

ジャニー喜多川 の使われ方