ジムノート

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ジムノートの設計は実験的なものであり、幾度かの改造を受けている。 ...
  • また、フランス最初の潜水艦であるジムノートの建造を許可した。 ...
  • ジムノートの名前はフランス語のに由来し、これはデンキウナギの一種を意味する。 ...
  • ジムノートには潜望鏡が装備されたが、結果は満足すべきものではなく、結局使用は断念された。 ...
  • 本艦は先行した小型のジムノートに次いで開発された。 ...
  • ジムノートやギュスターヴ・ゼデ等の後に開発された潜水艦のように、潜舵を使用すれば安定性の問題は改善されたと思われる。 ...
  • ジムノートは204個の蓄電池を装備しており、2000回以上の潜行を行った。 ...
  • ジムノートは水中で若干の正浮力を持つように設計されていたため、水平舵を若干下げて航行しないと水面に浮きあがる傾向があった。 ...
  • ジムノートは1888年9月24日に進水したフランス海軍の世界最初の電気推進の潜水艦である。 ...
  • アンリ・デュピュイ・ド・ロームが初期の実験を行い、彼の死後はギュスターヴ・ゼデとアーサー・クレブスがジムノートを完成させた。 ...
  • 海軍大臣就任後3ヶ月目に、オーブは最初の電池推進潜水艦である「ジムノート」の建造を認めた。 ...
  • 当初はジムノートと同様に、後部にのみ人力で操作する潜舵があったが、これでは水平を保つことも潜行・浮上の際に一定の角度を保つことも難しかった。 ...
  • 艦名はデンキウナギ目に由来し、19世紀末に登場した全電動推進潜水艦「ジムノート」にちなむ。 ...
  • その後、1888年に進水したフランス海軍の「ジムノート」は、蓄電池564個と55馬力の電動機による電気推進機関を搭載しており、良好な成績を収めた。 ...
  • ジムノートは、フランス海軍の通常動力型潜水艦。 ...