シンタダン牢城

18 の例文 (0.00 秒)
  • シンタダン牢城の状況をみれば、わたしが正しいことが、すぐにわかるはずだ。 ...
  • スファルの真意を知るためには、シンタダン牢城で、なにがあったのかを知らねばならない。 ...
  • 母をうしなったふたりの子どもたちは、シンタダン牢城から消えてしまったという。 ...
  • シンタダン牢城で、お母さんの処刑を笑いながらみていた人たちも、わたしたちを売り買いして稼ごうとしていた、あの人たちも。
  • シンタダン牢城の件、その後、なにか知らせはあったのか? ...
  • あなたは、シンタダン牢城で処刑されたタルの女の遺体をほりかえし、あらためられたそうだな!
  • くりかえしみた、あのシンタダン牢城での悪夢が、また、はじまった。 ...
  • たしかに、あのときシンタダン牢城で、母さんの処刑を笑いながらみていた人びとをチキサも憎んだ。 ...
  • 王都でシハナから長い話をきいたあと、すぐにシンタダン牢城へおもむいて、処刑された女性の墓をあらため、変わりはてた、かつての恋人の姿をみいだしていたからだ。 ...
  • タンダとふたりで、スファルからきいたシンタダン牢城での惨事。 ...
  • シンタダン牢城で、そして、あの宿屋で、妹がどれほどおそろしいことをしたか、チキサはみてしまっている。 ...
  • 敵襲を知らせてきてから、援軍が到着するまでの、わずか半クルンで、囚人と看守兵の別なく虐殺されたというシンタダン牢城のおそろしい話だった。 ...
  • チキサとちがい、アスラは、シンタダン牢城でのことは、ほとんど、おぼえていなかった。 ...
  • シャーンの東のはしは、ここ、シンタダン牢城にほどちかい森からはじまり、中央には、太古のむかし、都があったとされる禁域きんいきの森があり、西のはしは不毛の地へとつづいている。 ...
  • ロタ王が鹿狩りをしていたころ、おそろしい惨事がおきたシンタダン牢城からほどちかい、深い森の奥でも、一頭の鹿が、四人の罠猟師わなりょうしによってしとめられていた。 ...
  • シンタダン牢城の惨劇は、タルの民を処刑しようとしたロタ人に、おそろしき神タルハマヤの怒りがくだされたというのが真相だそうだ、と、人びとはささやきあった。 ...
  • シンタダン牢城での、すさまじい惨殺の凶報は、シハナにとっては、夢へ手がかかったことを告げる、すばらしい吉報きっぽうだった。 ...