シュタッドラー

全て 名詞
24 の例文 (0.00 秒)
  • 機番とシュタッドラー製番、運行開始年月日、製造所は下記のとおり。
  • 車両はスイスのシュタッドラー社製のシュタッドラー GTW低床電車が使用されている。 ...
  • ただし、スイス・シュタッドラー製新型機の投入が進められいることから今後の動向が注目されている。 ...
  • それに適応させるため、シュタッドラーは新たな設計の二階建て電車を用意することとなった。
  • なお、機体のMRS機番およびシュタッドラーにおいての製番、製造年、製造会社は以下の通り。 ...
  • これ以降、フォスロ時代はブラジルのサントスやオーストリアのグムンデン向け車両が製造され、シュタッドラーのブランドになって以降もスイス、イタリア等更に販売網を広げ続けている。
  • 車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB Schweizが担当している。
  • リバーライン向けの車両はシュタッドラー製の低床連接台車採用の気動車GTWシリーズの1種が導入されている。 ...
  • また、本形式は計画、発注当初はドイツ語で2階建電車を表すDOSTOと呼ばれていたが、第1編成のロールアウトを機に、シュタッドラー社から正式なシリーズ名であるKISSシリーズの名称が付されている。
  • FLIRTで初めて気動車方式を採用し、同じくシュタッドラーが世界規模で展開するGTWで採用された、ディーゼルエンジンなど主要機器を搭載したパワーパックと呼ばれる小型車両を1両中間に挟み、その両側に旅客用車体を繋ぐ連接式列車となっているのが特徴である。
  • 車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB Schweizが担当しており、「NExT」の名称がつけられている。
  • 近年の改善としては、シーメンス製のデジロ気動車を通勤用に12両、スイスのシュタッドラー社のFLIRTを60編成購入したことが挙げられる。 ...
  • それまでバスの製造を行っていたソラリスが初めて製造した鉄道車両であったが、2017年4月1日に設立されたシュタッドラー・レールとの合弁会社であるソラリス・トラムを経て、2018年11月20日以降はシュタッドラーの子会社のシュタッドラー・ポルスカによって展開が行われている。 ...
  • その中で、トラムトレインを始めとした最高速度70 - 100 km/h程の高速運転を行う路線へ向けて開発・生産が行われ、同年以降はシュタッドラーが展開を続けている鉄道車両ブランドがシティリンクである。 ...
  • 車体と機械部分の製造および最終組立をシュタッドラーが、主要な電機品の製造をABB Schweizが担当しており、「DIAMANT」の名称がつけられている。 ...
  • なお、その後も増備が計画されたが、生産ラインが再開できなかったため、2006年以降はシーメンス社のデジロシリーズを同様に2階建て仕様としたRABe514形電車に移行し、さらに2010年以降はシュタッドラー社のDOSTOシリーズへ移行することとなった。 ...
  • これらの旅客鉄道交通は、ラーフェンスベルガー鉄道についてはオイロバーンがボンバルディア製ディーゼル車両のタレントを用いて、ヴィーエンゲビルクス鉄道についてはヴェストファーレンバーンがシュタッドラー製の電動車両 FLIRT を用いて運行している。 ...
  • 次へ