シャクヤ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 家は借り家だし、子供があるわけじゃないし、あるのは借金だけだ。
  • こころならずも、借り家を自殺の場所にえらんだび状なのであろう。 ...
  • となると、あの、いわゆるロバ・アル・カリイエ東方という場所だろうか?
  • なんだ、確か、ロバ・アル・カリイエの方角からやってきたと言っていたな。 ...
  • その日もまた田中は雑司ヶ谷の佐藤の借り家に現れた。 ...
  • いやがらせはいいたくねえがね、あっしゃくやしいんですよ。
  • 東方、ロバ・アル・カリイエから運ばれた珍しい品とか。
  • そこで現当主であるシャクヤの母は、1年後にシャクヤの気持ちに呼応して彼女の腕に咲く刺青の花の数が多い方をシャクヤの婿にすると告げる。 ...
  • 古代人は、この地を「虚空」を意味する「ロバ・エル・カリイエ」の名で呼んでいたという。 ...
  • そして、今はどこにもパンを売つてゐるお店なんかないし、米穀通帳がなければ外食券だつて貰へないのだから、うつかり家出もできやしないと思つたら、悲しいやうなをかしいやうな、変な気持になりました。 ...
  • 宴会やお座敷に出ると、やとなが、酒のおしゃくや唄をうたうだけですむはずがないことは、母がやとなに入りはじめたときからぼくは知っていた。 ...
  • ぼくは今、ロバ・アル・カリイエまで召喚された。 ...
  • ロバ・アル・カリイエに向かおうと言うの? ...
  • 月宮殿で桂男が桂の木を伐っているという伝説は早い時期から日本にも伝わっており、平安時代の私撰集『拾遺抄』にも「久かたの月の桂もをるばかり家の風をもふかせてしがな」という歌がある。 ...
  • アルハザードはバビロンの廃墟とメンフィスの地下洞窟を訪れ、古代アラブ人にロバ・エル・カリイエ、現代アラブ人にダーナと呼ばれる、死の邪霊と怪物が護り住んでいるという、アラビア南部の大砂漠で十年間一人きりですごした。 ...
  • 東方「ロバ・アル・カリイエ」の聖地の付近で多く発見され、ジュリオが言うには、数百年前からロマリアの密偵たちが探索し、見つけ次第「固定化」の呪文をかけ、エルフの目をかいくぐってロマリアに送り込んでいた。 ...
  • ちっとあっしゃくやしいんだ。 ...