シバの女王

86 の用例 (0.00 秒)
  • 即位の第三年行年二十二の時に王は国を出て、シバの女王バルキス聘問へいもんの途に上つた。 フランス・アナトール『バルタザアル』より引用
  • しかし、シバの女王を聖アントワーヌに結びつけるのは、年代的に不可能である。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • 彼らはソロモン王を信じ、並びにシバの女王を信仰している。
  • 旧約聖書のシバの女王とソロモン王に関する一節に登場する女奴隷にちなんで名づけられた。
  • シバの女王は美人ではなかった。 芥川竜之介『三つのなぜ』より引用
  • 旧約聖書の列王記によれば、エチオピアとされる「南の土地」はシバの女王によって統治されていた。
  • シバの女王が著名な存在となったのは、エルサレムにソロモン王を訪問し、そのことが旧約聖書で数カ所にわたって記述されたからである。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • ベタ・イスラエルも同じような伝説を持ち、シバの女王とソロモンの結婚というストーリーに自らの起源を求めている。
  • シバの女王の他は、みんな少しずつ出し合ったのよ。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • シバの女王は一行を庭上に迎へた。 フランス・アナトール『バルタザアル』より引用
  • かつてのシバ王国の首都であったとされ、シバの女王ビルキスの居城であったとされるアルシュ・ビルキスなどの遺跡がある。
  • 自分はシバの女王とも話したことがあるなどと大法螺おおぼらを吹いて、何千年も生き続けていると自称したそうだが、実際歴史にはすごく詳しかったという記録が残されている。 半村良『石の血脈』より引用
  • シバの女王の別称の一つにちなんで命名された。
  • 「では、シバの女王、ぼくが部下に話すのを聞きたまえ」彼はマイクに向かって命じた。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ3) 第二段階レンズマン』より引用
  • 旅人の隊が市に近づいた時に、バルタザアルはシバの女王の護衛兵の黒い馬と夜目にも輝く偃月刀えんげつたうとを認めたのである。 フランス・アナトール『バルタザアル』より引用
  • 或いは、シバの女王の求めに応じてユダヤ人の職人がイエメンに赴いた、ともいう。
  • ヘブライの神話では、ソロモン王とシバの女王からネブカドネザルが生まれたと伝えられる。
  • シバの女王を最も強く惹きつけたものが何であったかを知ることは、シバ女王の内面傾向をのぞくのに役立つと思われるから。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • シバの女王の、物と姿態と言葉の誘惑はこのようにしてつづくが、アントワーヌは応じない。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • シバの女王がソロモンの王国へ公式訪問し、王と民は音楽で彼女を楽しませ、仮面ダンス大会が始まる。
  • 次へ »

シバの女王 の使われ方