シバの女王

86 の用例 (0.00 秒)
  • そしてソロモンの前に出たシバの女王のように、彼はその心を奪われた。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • しかもその頭の一つはシバの女王の頭であり、もう一つは彼自身の頭だった。 芥川竜之介『三つのなぜ』より引用
  • シバの女王の住んでいる国はもちろん見えないのに違いなかった。 芥川竜之介『三つのなぜ』より引用
  • しかしシバの女王だけは時には反って彼自身を彼女の奴隷にしかねなかった。 芥川竜之介『三つのなぜ』より引用
  • それは何もシバの女王が遠い国にいたためではなかった。 芥川竜之介『三つのなぜ』より引用
  • 「シバの女王」とはいうまでもなくシバ王国の女王ということである。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • シバの女王がソロモン王に贈ったような多くの香料は再びこなかった。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • 彼は生涯に一度会ったシバの女王のことを考えていた。 芥川竜之介『三つのなぜ』より引用
  • 不満のもとがシバの女王であるにせよ、隣の人であるにせよ、何もならないことでは同じだ。 ラッセル/日高一輝訳『幸福の獲得について』より引用
  • ソロモンは生涯にたった一度シバの女王に会っただけだった。 芥川竜之介『三つのなぜ』より引用
  • さらに旧約聖書には、ソロモン王とシバの女王の間に子供が生まれたという記述は無い。
  • 其日、バルタザアルはシバの女王と晩餐を共にして、椰子の酒を飲んだ。 フランス・アナトール『バルタザアル』より引用
  • 旧約聖書におけるソロモン王とシバの女王の話で知られている。
  • 伝えられる中で最も古い女王としては、旧約聖書に出てくるシバの女王がいるが、伝説の域を出ていない。
  • シバの女王は紀元前十世紀の人であるのに、聖アントワーヌは紀元後三世紀の人であるから。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • その中ではシバの女王の来訪などが有名であろう。
  • けれどもソロモンは同時に又シバの女王を恐れていた。 芥川竜之介『三つのなぜ』より引用
  • 第3幕は非常に有名なシンフォニア「シバの女王の到着」で始まる。
  • 旧約聖書に登場する人物で、シバ王国の統治者と言われているシバの女王に因んで命名された。
  • それぞれの物語で、シバの女王はソロモンを訪れ、その知恵と富とに感動する。
  • 次へ »

シバの女王 の使われ方