シネマート六本木

16 の用例 (0.00 秒)
  • 東京のシネマート六本木、及び京都の京都シネマで公開された。
  • 最終日のシネマート六本木での上映では150席の館内で観客は年配の女性客を中心とした10人程度であったという。
  • 日本では2007年4月7日にシネマート六本木・新宿オデヲン座ほかにて全国公開された。
  • 実写により映画化され、2007年4月28日に東京のシネマート六本木で公開された。
  • そのインターナショナル版は同年6月28日より日本のシネマート六本木にて世界に先駆けて特別逆輸入上映された。
  • シネマート六本木でのみ公開された。
  • 会場にはTOHOシネマズ六本木ヒルズ、シネマート六本木の2つの映画館が使われた。
  • シネマート六本木にて2009年7月17日・18日の2日間限定レイト上映もされた。
  • また、東京「シネマート六本木」と大阪「シネマート心斎橋」の2館も抗議電話や抗議活動予告等があった影響で上映中止となり、これにより東京都内での上映館はいったんゼロとなった。
  • シネマート六本木・ワーナー・マイカル・シネマズ板橋他で全国順次ロードショーされた。
  • 同じシネマート系列の映画館に「シネマート六本木」「シネマート心斎橋」がある。
  • 日本ではシネマート六本木、シネマート心斎橋にて開催された「2012-2013 冬の香港傑作映画まつり」でデジタル上映された。
  • 会場にはTOHOシネマズ六本木ヒルズ、シネマート六本木、TOHOシネマズシャンテの3つの映画館が使われ、コンペティション、特別招待作品、アジアの風、日本映画・ある視点、WORLD CINEMA、natural TIFFの計6部門と特別上映などが行われた。
  • 引き続き、R-18指定版の『ハダカの美奈子R-18』が再編集されて、2014年2月8日シネマート六本木にて限定ロードショー。
  • 上映会場にはTOHOシネマズ六本木ヒルズ、シネマート六本木、2014年3月に開館したTOHOシネマズ日本橋、建て替えられ2013年4月に開館した歌舞伎座が使われた。
  • 上映会場にはTOHOシネマズ六本木ヒルズ、シネマート六本木、COREDO室町 日本橋三井ホールが使われ、コンペティション、特別招待作品、アジアの風、日本映画・ある視点、WORLD CINEMA、natural TIFFの計6部門と特別上映や「日本橋で日本映画を観よう」などが行われた。