シチェルバツキー

全て 名詞
58 の例文 (0.00 秒)
  • 結局、シチェルバツキー家へ使いをやって、荷物を解くことにしたのである。 ...
  • 彼が二度めに、シチェルバツキー家の表階段のところへ着いたのは、九時すぎであった。 ...
  • シチェルバツキー家へ使いを出すのは遠すぎてできなかった。 ...
  • 若いふたりは今晩すぐ、シチェルバツキー家からつことになっていたからである。 ...
  • シチェルバツキー家からどこへ行ったんだね?
  • そこで、大斎期のくるのを待って、シチェルバツキー一家は外国へ旅立って行った。 ...
  • シチェルバツキーは、ふたりのそばを離れて行った。 ...
  • リョーヴィンには冬の初めによくシチェルバツキー家で出会っていたが、彼女には相手がいつも不愉快な人物に映った。 ...
  • だれもカレーニンに紹介してくれなかった若いシチェルバツキーは、そんなことは少しも気にしていないというそぶりを、見せようと努めていた。 ...
  • もっとも、ヴロンスキーは両親の話したことを想像もしなかったとはいうものの、この晩シチェルバツキー家を出るや、すぐ自分とキチイのあいだに存在していた精神的な結びつきが、とくにその晩強くなったのを感じ、なんとかそれに対処しなければならないと感じていた。 ...
  • 冬の終りに、シチェルバツキー家では医者の立会い診察が行われた。 ...
  • 彼はかつて結婚の申し込みをしに、シチェルバツキー家へ出かけたときのような、いや、それよりもっと激しい愛情をいだきながら、部屋の中へ駆けこんで行った。 ...
  • 彼はドリイとキチイの兄に当る、若いシチェルバツキー公爵といっしょに入学準備をしていっしょに大学へ入学した。 ...
  • シチェルバツキー家の連中なんか、ぼくにしょっちゅう、きみのことをきいたもんだよ、まるでぼくが知らないわけはないっていうふうに。 ...
  • シチェルバツキー家の人びとが到着してからまもなく、朝の浴場に、またふたりの人物が姿を現わして、一同から冷たいまなざしで迎えられた。 ...
  • 彼は車寄せにシチェルバツキー家の馬車を見かけたので、今すぐてっきり彼女に会えるものと思っていた。 ...
  • キチイはシチェルバツキーといっしょに、戸口のところにたたずんで、彼のほうをじっと見つめていた。 ...
  • 次へ