シチェルバコフ

全て 名詞
6 の例文 (0.00 秒)
  • 過荷重時や不注意な操縦でスピンに入りやすい傾向にあったが搭乗員には人気であったが、この欠点により1943年には生産が終了して類似のエンジンを搭載したシチェルバコフ Shche-2へ切り替えられた。 ...
  • しかし第8軍司令官シチェルバコフ少将は部隊の消耗と弾薬不足を理由に、予定期日の反撃実施は不可能と報告したので、激怒したジューコフは彼を罷免しシェヴァルジン中将を後任とした。 ...
  • シチェルバコフ Shche-2又はTS-1や「パイク」という通称で知られる機種は、第二次世界大戦中にソ連空軍での運用を目的にして出された軽輸送機と連絡機を求める緊急の要求に合致するようにアレクセイ・シチェルバコフが設計し、第47設計局で製造されたソビエト連邦の双発多用途機である。 ...
  • 生産はA・S・ヤコヴレフ記念試作設計局のためにヴァレリー・チカロフが設立したOKB-47で1943年10月に始まったが、シチェルバコフが設計した機体の製造はシチェルバコフの管理下に移管された。
  • シチェルバコフは、三段跳の選手として、1950年、ブリュッセルで行われたヨーロッパ選手権において、15m39で、2位に40cm以上の大差をつけ金メダルを手にした。