システムロケール

8 の例文 (0.00 秒)
  • ただしシステムロケール設定に応じて表示言語を切り替えている。 ...
  • プレイヤーによって製作されている一部のModでシステムロケールをドイツ語に設定しないと正常に動作しない場合がある。 ...
  • また圧縮時にはシステムロケールが日本語に設定されたWindowsではファイル名にMicrosoftコードページ932を使用している。 ...
  • 例えばシステムロケール設定が日本語の場合、既定でMicrosoftコードページ932が使われる。 ...
  • シンボル末尾にAが付けられたマルチバイト文字セット用API関数は、コードページ番号を明示的に指定できず、動作はシステムロケール設定に依存する。 ...
  • ANSIマルチバイト文字セット用のA関数と、Unicode文字セット用のW関数が用意されているが、保存されるINIファイルのテキストエンコーディングは、デフォルトではいずれを使用してもANSI MBCSとなり、Windowsのシステムロケール設定に左右される。 ...
  • Microsoft Visual C++は既定でBOMなしUTF-8を認識せず、システムロケール設定に応じたマルチバイトエンコーディングとみなすが、Visual C++ 2015以降ではコンパイルオプションを指定することでBOMなしUTF-8を認識することができるようになっている。