シシュナーガ朝

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 一説にはシシュナーガ朝の王であるが疑問視する声が強い。 ...
  • 一説にはシシュナーガ朝の王であるが、疑問視する声が強い。 ...
  • その後統一を果たしたマウリヤ朝、およびそれに続くシシュナーガ朝の支配を受ける。 ...
  • 続いて王によってシシュナーガ朝が建てられたが、この王朝も仏教系の文献などで非常に重要視される。 ...
  • 同様にして5代に亘って父王殺しが続いたのち、ついにシシュナーガ朝に取って代わられたと伝えられる。 ...
  • シシュナーガ朝は、ナンダ朝によって、紀元前4世紀に滅ぼされたとされる。 ...
  • 南伝の『マハーワンサ』によればシシュナーガ朝のカーラーショーカ王の治世においてであるとしている。 ...
  • マガダ国ではシシュナーガ朝が栄えていたが、ある時マハーパドマという出自のよく分からない人物によって滅ぼされた。 ...
  • ナンダ朝時代から歴史的性格が濃厚になり始めるのに対し、シシュナーガ朝時代は僅かな記録からおぼろげな輪郭がつかめるものの、未だ伝説の時代であると言うことができる。 ...
  • マハーナンディンは、古代インドのマガダ国を中心とした帝国シシュナーガ朝の、最後の王とされる。 ...
  • プラーナ文献ではシシュナーガは釈迦と関わりの深かったビンビサーラ王やアジャータシャトル王より以前の王であり、これらの王はシシュナーガ朝の王であったことになる。 ...
  • ビンビサーラがシシュナーガ朝の王であるとプラーナ文献にはあるが、『マハーヴァンサ』ではシシュナーガはビンビサーラより後の王であるとされており判然としない。 ...
  • シシュナーガ朝の後、紀元前4世紀頃マハーパドマもしくはウグラセーナという人物によってナンダ朝が建国されることになる。 ...
  • このため、仮にシシュナーガ王がビンビサーラ王以前とすれば、シシュナーガ朝の創始は紀元前7世紀末か紀元前6世紀初頭、ビンビサーラ王以後とすれば紀元前5世紀末か紀元前4世紀初頭となる。 ...
  • シシュナーガ朝は古代インドに栄えたマガダ国の王朝。 ...