サヴォア公爵

120 の用例 (0.00 秒)
  • サヴォア公爵家の息子を一人で行かせるわけにはいかなかったからだ。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • サヴォア公爵家はおまえの育った家とはまったく違うと言ったはずだ。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • どうやらサヴォア公爵家には自分の出生以外にも複雑な事情があるらしい。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • サヴォア公爵は書きもの机に向かって、羽ペンを走らせているところだった。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • それでいてサヴォア公爵家という特殊な環境を特殊と思わずにお育ちです。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • この少年は、サヴォア公爵家という特殊な環境を少しも特殊と思わずに育っている。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • こんな時こそ率先して立つのがサヴォア公爵の勤めのはずだった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • もともとサヴォア公爵家の総領として生まれた私に命令できるものは父と国王のみ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • 普段の伊達だて男ぶりからは想像できないサヴォア公爵の姿だった。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 鉄面皮と思われがちなサヴォア公爵だが、それはさすがに避けたい事態らしい。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 女性の母上がサヴォア公爵の意向に逆らうことなどできると思うのか? C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 館の兵士たちがサヴォア公爵の武勇伝を知らないわけがない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • 目の前に王女とサヴォア公爵、それに見たことのない男がいる。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • サヴォア公爵もその名前にずいぶん衝撃を受けていた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • サヴォア公爵の跡取りの歓心を買おうとする人があれほどいるくらいである。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • サヴォア公爵の名を背負うことはあなたが考えているほど生やさしいものではない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • はたしてサヴォア公爵はもう一度肩をすくめて、にやりと笑ったものだ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第05巻 「異郷の煌姫」』より引用
  • 王妃は呆気にとられて、サヴォア公爵の男性的な美貌を穴の開くほど眺めた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • サヴォア公爵はそんなナシアスの胸の内など知るよしもない。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • サヴォア公爵夫人の名において答えてもらいましょう。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • 次へ »

サヴォア公爵 の使われ方