サン水

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 山水が僕の官能の底の底まで染み込んで心の中に満ち渡っていたのです。 ...
  • つまり長瀞程度の山水ならば、日本国中至る所に存在しているのである。 ...
  • 前の女にも山水にも共通している者でその二つのものから生れたものです。 ...
  • 私は現在の畫家の描いた多くの誇張した山水畫を見ることを好みません。 ...
  • けれども、その山水植物等もまたよく似ておるというのは、奇態である。
  • 山水・人物を得意とし、人物の形影が寂寥としていることを特長とする。 ...
  • 見なかった美しい山水や、失われた可能と希望との思いが彼を悩ます。 ...
  • 再度の帰郷後も山水の中に豪遊し、太守と衝突して騒乱の罪を問われた。 ...
  • それぞれのち前の個性から花鳥とか山水とかを描くべきであります。 ...
  • 明治中期から没年まで作画しており、特に山水花鳥画を得意としていた。 ...
  • すると僕の目の前へ奇蹟よりも卒然と現れたのは小さい紙本の山水である。 ...
  • 私は山ありたにありという山水の風景には心の慰まないたちであった。 ...
  • 私は山あり渓ありといふ山水の風景には心の慰まないたちであつた。 ...
  • くて初めて奥秩父の山水を大観したものと称して差支えないのである。 ...
  • 山水・墨竹・墨梅などを得意とし、また書いた字も不思議なものであった。 ...
  • の前には沢山水が流れていましたが、黄いろい色をした泥水でした。 ...
  • 別に、鴨居から一幅、南画の山水のちゃんと表装したのがかかっていた。 ...