サルビア

全て 名詞
84 の例文 (0.00 秒)
  • ホームの長さは50メートルで、サルビアが植えられている花壇があった。 ...
  • だから、あの赤いサルビアの蜜を吸う時だって、いつも一大決心だった。 ...
  • おもてに出されたポーチュラカやサルビアの鉢が雨に打たれている。 ...
  • そっと右手を伸ばして、袋の口から覗くサルビアの花芯をひとつ引き抜いた。 ...
  • 校樹はクヌギ、校花はサルビア、校章はクヌギの葉を図案化したもの。 ...
  • 院子の花壇には、触ると火傷やけどをしそうなサルビアが満開であった。 ...
  • 佐竹はローズ色のサルビアを切りそろえていた若い女に声をかけた。 ...
  • その後、数々の少女が登場し、様々な騒動や事件が起こるが、終盤になってロックがもっと様々な日本の学校を見て経験を得たいと言い出し、サルビア学園を去って物語が終了する。 ...
  • 誰か、暖かな湯ときれいな布、気付け薬になるサルビアの葉を少し持ってきてください。 ...
  • ただし悪魔族との戦闘ではデイジーとともにピンチになることが多く、ピーチやサルビアに助けられるといった展開が多い。 ...
  • 田舎の小さな駅に見られるように、サルビアとポンポンダリアとヒマワリが咲いている。 ...
  • サルビアとラヴェンダーの香りだけは本物だったが、夜の闇が拡がり架空のものとなったこの国では、真実なものはなにひとつなかった。 ...
  • しばらくしてようやく、サルビアの咲く花壇の前で立ち止まった。 ...
  • なお、セージはサルビア属の英名であるため本属の植物の大半は英名にセージが入る。 ...
  • サルビアは一本一本、みずからの細い茎を夏空にむかってそそりたたせ、赤い! ...
  • そう言われて初めて、妻が指差したサルビアの花壇の脇に、似たような大きさの石が数えきれないほどごろごろと転がっていることに、キタヱさんは気付いたのだった。 ...
  • サルビアA作戦が、昼夜兼行の作業でようやく終わりかけているときに、また「第二の墜落」が起きたのである。 ...
  • 次へ