サルビアの花

全て 名詞
20 の例文 (0.00 秒)
  • 今度は、サルビアの花が、そのギシギシの葉にくっつくぐらいたわんだ。 ...
  • 変な期待をして走った自分があほらしくなり、私はわざと歩いて行く父の背中と距離を取って、しゃがみこんでサルビアの花などを口に含むのだ。 ...
  • ならびに、野に咲くサルビアの花を炒り、茶といたしましたものにございます。 ...
  • 農家としては小さな建物が、鎮守のやしろの裏側にあり、庭はいたるところサルビアの花だった。 ...
  • このアルバムにも収められている「サルビアの花」は後に多くのミュージシャンによってカバーされ、スタンダード・ナンバーとなる。 ...
  • このよそよそしさの裏をかいてやるために、Oは彼女の頬のほんのり赤らむさまや、サルビアの花のような汗の匂いを注意ぶかく観察して、記憶にとどめ、あとでそれを話してやることに楽しみを味わっていた。 ...
  • サルビアの花は風に揺れた。 ...
  • なあ、と彼はサルビアの花にむけて言った。 ...
  • 彼は、サルビアの花がゆれているのをみつめた。 ...
  • ユニット名は山口県の県花である『サルビアの花』に由来しており、地元から夢の花を咲かせたい。 ...
  • 既にジャックスの中心メンバーとして音楽活動を始めていた早川は、ジャックス解散後の1969年11月にURCレコードから、最初のソロ・アルバム『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』をリリースしたが、その中に自作曲のひとつとして「サルビアの花」を収録した。 ...
  • サルビアの花は、柴田種次郎が殺された畑の横にもたくさん咲いており、唐辛子の実も色づいていたから、飛び散った血はさほど目立たなかった。 ...
  • 「サルビアの花」は、相沢靖子が作詞し、早川義夫が作曲した楽曲。
  • 夜のあいだ数時間降りつづいた小雨が、サルビアの花をぬらし、いぼたヽヽヽや、もくれんヽヽヽヽのゆれ動かない葉のつやをまし、松のこずえの行列毛虫の巣をつつむ保護用の薄いヴェールを破らずに露の玉をのこしていた。
  • 梅の根っこあたりの、サルビアの花が、ゆれていた。 ...
  • その後「サルビアの花」は、1971年に、当時はプロを対象としたコンテストだったヤマハ音楽振興会主催のヤマハポピュラーソングコンテストの前身'71作曲コンクールで、オフコースの歌唱により入賞した。 ...
  • 「サルビアの花」「無縁仏」「手錠」を演奏し、独特なパフォーマンスがうけ、優勝をとった。 ...
  • 次へ