サルハン侯国

9 の例文 (0.01 秒)
  • サルハン侯国は軍隊と物資を送ったが、アイドゥン侯国を統治するは自ら皇帝に会いに来た。 ...
  • カンタクゼノスはウムルに代わってサルハン侯国の首長とビテュニアで台頭していたオスマン帝国を統治するオルハンとの同盟を結んだ。 ...
  • このようにオスマン帝国と東ローマ帝国の間には軍事衝突が頻繁に起きていたが、当時東ローマ帝国はオスマン帝国よりもサルハン侯国、アイドゥン侯国を危険視しており、やがて両国の間に同盟関係が生まれる。 ...
  • 皇帝は艦隊を率いてレスボス島とフォカイアを奪回し、さらにトルコのサルハン侯国とアイドゥン侯国のベイに支援を要請した。 ...
  • アナトリアにおける最大のライバルであるの君主であり、バヤズィトの義弟でもあるはサルハン侯国、アイドゥン侯国、メンテシェ侯国と共にオスマン領に侵入、ゲルミヤンの君主でバヤズィトの義兄弟であるもオスマンに割譲された都市を奪回する動きを見せていた。 ...
  • thumb|1374年に建てられたマニサの大モスク サルハン侯国はマニサを都とする、テュルク系のオグズ諸部族によりルーム・セルジューク朝の衰退後に建設された辺境の君侯国。
  • エーゲ海沿いには北から順にカレスィ侯国、サルハン侯国、アイドゥン侯国、メンテシェ侯国、テケ侯国があった。 ...
  • メフメトはティムールによって復興されたアイドゥン侯国、サルハン侯国、テケ侯国、メンテシェ侯国を破り、再び宗主権を認めさせる。 ...