サルハド

8 の例文 (0.01 秒)
  • サルハドは田舎であり知的刺激に乏しく、彼がそれまでの人生で享受してきたカイロやダマスクスのような文化センターではなかった。 ...
  • 後述する医学者列伝の『ウユーン』はサルハドで執筆された。 ...
  • 即位後はキトブガーをサルハドに左遷し、カラーウーンの女婿という立場上ムハンマドを無碍に扱うことはできなかったので、成人の折にスルターンの地位を返還する約束をしてカラクへムハンマドを移した。 ...
  • この戦いにはヌールッディーン率いるザンギー朝軍の他、ウヌルが派遣してきたサルハドのアミール、ムジャーヒドゥッディーン・ブザーン率いるブーリー朝軍も含まれており、騎兵だけで6000を数えた。 ...
  • シリアへのアジーズの二度の攻撃を退けた後、彼はエジプトに乗り込んでアジーズを抱き込み、反アフダルに転じてダマスカスをアフダルから無血で奪取し、アフダルをサルハドへ追放する。 ...
  • アフダルはダマスカスを退去し、サルハドへ逼塞した。 ...
  • アイユーブ家出身の歴史家アブ・アル=フィダは、1225年にアフダルはサルハドで没したと記している。