サルトーリ

全て 名詞
34 の用例 (0.00 秒)
  • サルトーリの説は後の政党研究を強く規定したが、なお実際に適用しにくい部分が残っていた。
  • サルトーリらの分析では、55年体制は典型的な一党優位制の状況であった。
  • サルトーリの政党制との関連性は以下の通りである。
  • またサルトーリもフランス第五共和政の二回投票制をもっとも優れた選挙制度であるという結論を留保つきながら著述している。
  • 後の研究者はサルトーリの概念を念頭に、これを修正してしばしば呼び名を違えた。
  • サルトーリの分割法は、うまく機能する民主主義として二大政党制と穏健な多党制を取り出した。
  • サルトーリは、一党優位政党制を、支配政党の概念の曖昧さに対する批判として提出した。
  • それまで一党制や支配政党という名の下に一括されていたものは、サルトーリの提唱以後、3つに分けられることになった。
  • そしてそれまで二党制は安定的な政党制をもたらすと考えられていたが、サルトーリは二党制は例外的な政党制であると論じ、「二党制の神話」を否定した。
  • またサルトーリは、民主主義ではあるが、政治的には非効率なものとして一党優位制と分極的多党制を指摘した。
  • サルトーリはその例として、インド、日本などを挙げた。
  • サルトーリは、野党が完全に禁止される時と、そうでない時には政治の様相が違ってくるだろうと指摘し、一党制からヘゲモニー政党制を区別する。
  • サルトーリの念頭にあったのは、デュベルジェに対する批判ではなく、その拡張である。
  • なお、サルトーリが母国のイタリアで分極的多党制を批判し、二大政党制への変革を求めて選挙制度の改革を推進したことは有名である。
  • その政党群の中のリーダー格である政党の党首が首班指名を受けるということをデュベルジェとサルトーリは想定しているようである。
  • しかし、近年のフランスでは第三勢力の国民戦線が台頭してきているほか、イギリスやカナダでも伝統的なトーリー・ホイッグ・レイバーが併存している状況となっているため、デュベルジェとサルトーリの想定外の事態になっているとも言えなくもない。
  • このようにシュガー・ミュージックに所属していたサルトーリとクアラントットはボチェッリの人気曲を数多く作曲している。
  • このようにシュガー・ミュージックに所属していたクアラントットとサルトーリはボチェッリの人気曲を数多く作曲している。
  • サルトーリは、この一党制をさらに分類して、全体主義一党制、権威主義一党制、プラグマティック一党制に分けた。
  • 後述するサルトーリの政党システム類型の出現により、一党制を幅広くとらえる考え方は、政治学では受け入れられなくなった。
  • 次へ »