サラワケット

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 日本軍の中には過去に一度サラワケット山系を越えた小隊がいた。 ...
  • それからサラワケットの峻峰にかかった二週間は全くの地獄であった。 ...
  • サラワケット山の急斜面にかかるまでに、約二百人が倒れた。 ...
  • 九月二十二日、第五十一師団はサラワケット山に分け入った。 ...
  • 機がラエ空港を離陸すると、海抜四千メートルのサラワケット山脈が右手すなわち北側に見えた。 ...
  • サラワケットの嶮を越え、北岸の〇〇〔マル二つ〕に着いたのは四十日目の十月下旬であった。 ...
  • 中野中将は、約四千メートルの高峰サラワケットをこえて、北岸に避退することにした。 ...
  • このため第五十一師団の残兵は、海抜四千二百メートルのバンゲッタ山を主峰とするサラワケット山脈を越えてキヤリに向った。 ...
  • 暗黒の大陸といわれるニューギニアにはさぞかし猛獣や毒蛇が棲息しているだろうと想像したのであるが、ラエ西方からサラワケットの峻峰を越えて、ニューギニア北岸へ辿り着くまで、約四十日の間、動物と名のつくものには、たった一度野豚に出逢っただけである。 ...
  • 日本軍は1日の行程を16キロと予想し、サラワケット山系を越えてキアリまで16日間と見込んだ。 ...
  • これによりラエ、サラモア地区は急速に事態が悪化、周辺地域から後退しつつラエ付近に集結した日本軍守備隊は一路サラワケット山脈を越えてフォン半島北部のへ転進を決めた。 ...
  • 転進経路としては、マーカム川を遡りマダンに至るルートと、フォン半島の脊梁山脈であるサラワケット山系を越えて半島北岸のキアリに至るルートとが考えられた。 ...
  • ラエ出発から3週間の10月5日にキアリに到着した北本工作隊は救援隊とともに引き返し、現地人ポーターとともにキアリからサラワケット頂上近くまで捜索し、落伍していた将兵の生存者を収容しポーターが担いで山から降ろした。 ...
  • 安達中将は、第五十一師団の先頭がサラワケット山をこえてキヤリ部落に達した、と聞くと、直ちにキヤリに司令部を進め、毎日、よろよろと密林からあらわれる将兵を、泣きながら出迎えた。 ...
  • 既に乏しき我が糧に 木の芽草の根補いつ 友にすすむる一夜は 「サラワケット」の月寒し この第五十一師団の軍歌「サラワケット越え」の一節に、当時の悲境がうかがえる。 ...