サッと顔色を変え

17 の例文 (0.00 秒)
  • それを見ると、 「これは何だ」 石巻左陣はサッと顔色を変えました。 ...
  • 三人は恐怖のあまり言葉もなく、サッと顔色を変えた。 ...
  • 私は読んで行くうちに、サッと顔色を変えた。 ...
  • 「ど、どうしたッ」提督は、思わず椅子の上から突立って、サッと顔色を変えた。 ...
  • 捜索主任は直ぐに受話器を取ったが、突然サッと顔色を変えた。 ...
  • 荷物も何も無い気楽さに直ぐに切符売場へ行って、博多までの二等切符を買って来ると、三等待合室の中央に立って待っている到翁が眼早く青切符を見咎みとがめてサッと顔色を変えた。 ...
  • 辻川博士はサッと顔色を変えた。 ...
  • ブレクはサッと顔色を変えてウイレンスに寄りかかった。 ...
  • おまけに、その釧路丸の調査について、署長の訪問を受けた岩倉の大将が、サッと顔色を変えて、妙にうろたえはじめたってんだから、いよいよ以ってケッタイさ。 ...
  • 「その蓋に何かあるのですか」 川手氏は早くも恐ろしい予感に脅えて、サッと顔色を変えながら、上ずった声で訊ねた。 ...
  • 「おトンちゃん、どうした」 ときくと、食事を途中にして、妹は急にサッと顔色を変え、苛々と癇癪の相をあらわし、プイと立って、どこかへ行ってしまった。 ...
  • 乳母らしい女は、一目、座敷の様子を見ると、あまりの恐ろしさに、サッと顔色を変えて立ちすくんだが、やがて気を取り直すと、倒れている二人の側に駈け寄って、涙声を振りしぼった。 ...
  • 「また来たよ」 「あ、銭形の親分」 馬吉はもう、サッと顔色を変えて、ガタガタふるえ出しました。 ...
  • それに、脅迫状や無心状には慣れっこになって居た筈の熊谷三郎兵衛が、此手紙を一と眼見て、サッと顔色を変え、それから沈鬱と狂騒と、交互に去来した、発作的な態度も、決して尋常ではなく、何んか犇々ひしひしと思い当ることがあったと見るべきでした。 ...
  • 「今、行きます」 狼が、サッと顔色を変えた。 ...
  • すると官軍が「念のため貴殿の姓名を聞いておきたい」というので、「榊原鍵吉と申す愚図でござる」と答えると、官軍たちはサッと顔色を変え、平謝まりに謝まって逃げ去った。