サソリモドキ

全て 名詞
36 の例文 (0.00 秒)
  • これは近縁であるサソリモドキに対して鞭の様な尾節を欠くことに由来する。
  • 和名はかなりの揺れがあり、後述の他種を合わせてサソリモドキが長らく使われてはいたものの、確定的ではなかった。 ...
  • 現時点では日本にサソリモドキ類はこれら2種のみである。 ...
  • サムネイル|サソリモドキの背甲前体は先節と直後6つの体節によって構成される合体節である。 ...
  • 両者は系統的にも類縁であり、かつてヤイトムシ自体がサソリモドキに含まれた。
  • またサソリの共食いは配偶行動と関連してみられることが多いのに対して、サソリモドキでは飼育下ではほぼ通常に見られるという。 ...
  • サソリモドキの中では唯一日本本土に生息する。 ...
  • 体は細長く、鞭のような細長い尾節を持つ点ではサソリモドキに似ているが、他の特徴は大きく異なる。 ...
  • ウデムシやサソリモドキのように牙の部分にも剛毛があるが、さほど集密ではない。 ...
  • 現生種は全てサソリモドキ科に属し、4つの亜科に分かれる。
  • なお、触角のない鋏角類の中でも、ウデムシやサソリモドキの様に一部の歩脚が感覚器官に特殊化した例がある。 ...
  • 総称「サソリモドキ」は、かつては日本産の種の和名として使われたこともあるが、後にそれらは後述のように2種が含まれていたことが分かって、それぞれ別個の和名で呼ばれるようになっている。 ...
  • サソリモドキというクモ綱の節足動物は、後腹部から酢酸を噴射して身を守るとされている。 ...
  • この学名は、しばしばサソリモドキの学名として紹介されているが、これはかつてヤイトムシがサソリモドキの1群として分類された経緯に因んでいる。 ...
  • また、サソリモドキ類から噴射される液体には酢酸を含むため軽度の皮膚炎を起こすことがある。 ...
  • ただし、サソリモドキ類から噴射される液体には酢酸を含むため軽度の皮膚炎を起こすことがある。 ...
  • 鋏角はサソリモドキのように、はさみ型に近い亜鎌状となる。 ...
  • 次へ