サクラ読本

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • サクラ読本とは、世界恐慌の時代に使用された国語読本の愛称。
  • 翌年には『サクラ読本』の見本誌を読み、編者の芦田恵之助に感想をのべると、芦田は後日この感想を著書に記している、1935年、「いじめられっこの優等生」と称された小学生時代にカレル・チャペックや吉野源三郎の作品を読み、グリム童話やアンデルセン童話と異なる内容に衝撃を受ける。