サイ蔵

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • コーヒーの残りに口をつけるのを待って、飯田才蔵がおずおずと口を開く。 ...
  • 行き倒れの才蔵がふところに抱えていたのは、決して猫の児ではなかった。 ...
  • 半助が、下坂才蔵に呼ばれたのは、明治十五年の秋のことであった。 ...
  • 太刀たちを持っては大九郎にかなわず、槍をとっては才蔵に向かえなかった。 ...
  • これは、才蔵がたとえ試合でも油断無く構えていたことを示していたものとされる。 ...
  • 正則は才蔵を、福島家には過ぎた大豪だとまたなく重用していたのである。 ...
  • それは、望ましくはなかろうという考えが、才蔵にも広英にもあった。 ...
  • 師の才蔵からは、力を抜けとよく言われるが、自分はまだそこまでの域に達していない。 ...
  • だが三成から口封じの為才蔵は殺されかけるが秀吉の暗殺も失敗。 ...
  • 飯田才蔵がトイレを借りたいと言い出したので、綸太郎は休憩を宣言した。 ...
  • 万次郎がなぜ放蕩に走ったか、久右衛門にも才蔵にも心あたりがなかった。 ...
  • 伏せていた顔を起こすと、飯田才蔵も目顔で話の続きを催促している。
  • それが此の頃の例になっているので、万歳はその都度つどに才蔵を選ぶ必要はなかった。 ...
  • 才蔵いかに勇気があっても無限に襲って来る敵に対しては辟易へきえきせざるを得なかった。 ...
  • 貞子は、去年あの伊東才蔵と結婚をして、これは、半次郎も知っていた。 ...
  • このため、才蔵の討った首と合戦の直後にすぐにわかったという。 ...
  • しかし、そこには若き頃の才蔵そっくりの孫・伊賀野影丸ことカバ丸がいた。 ...