サイパン島陥落

13 の例文 (0.00 秒)
  • サイパン島陥落以後、鉄道施設に対する空襲も本格化するようになり、駅や車両に甚大な被害が出たり、走行中の列車が艦載機の攻撃を受け、死者を出す例も発生した。 ...
  • 日下はこのサイパン島陥落、テニアンも陥落寸前という時点での命令について海軍上層部を批判している。 ...
  • しかし1944年7月に、この計画の推進者の1人であった東條英機首相がサイパン島陥落の責任を取って辞任し、同時に本土防衛のための新型戦闘機の開発に資源を集中させるために、計画そのものが中止された。 ...
  • 日本海軍は6月下旬のマリアナ沖海戦で完敗、サイパン島陥落は時間の問題となった。 ...
  • しかし計画が実行されるより早く、サイパン島陥落の責任を取り、7月22日に東條英機首相兼陸軍大臣率いる内閣が総辞職。 ...
  • なお、この体制はサイパン島陥落によって東條の人気が下がると真っ先に槍玉に挙げられ、東條内閣の末期には陸相と参謀総長、海相と軍令部総長は再び分離された。 ...
  • しかしその計画が実行に移されるより早く、サイパン島陥落の責任を取り東條内閣が総辞職し、小磯国昭陸軍大将と米内光政海軍大臣を首班とする内閣が発足した。 ...
  • サイパン島陥落の責任をとらされた形で東条英機首相退陣という政変があり、海軍大臣と軍令部総長を兼ねていた島田繁太郎大将の後を受けて、及川古志郎大将が軍令部総長になったのだが、それまでは永野修身大将が、開戦以来の軍令部総長であった。 ...
  • この間にサイパン島の戦いがはじまって三水戦司令部はサイパン島から脱出できなくなり、7月8日のサイパン島陥落時に玉砕した。 ...
  • アジア・太平洋では8月のサイパン島陥落後、本土がアメリカ軍のボーイングB-29爆撃機の戦略爆撃の行動範囲内となり、10月に行われたレイテ沖海戦で日本海軍は大敗北を喫するなど勢いは完全に連合軍に傾き、冬にはアメリカ軍によるフィリピンへの再上陸と小規模ながら日本本土への空襲が始まった。 ...
  • 軍令部は既に決死兵器の方向に動いており、サイパン島陥落を目前にして十九年六月二十五日午前十時、皇居で開かれた元帥会議で、 「奇襲兵器の促進係を設け実行委員長を定めること」 などを決めている。 ...
  • こうして、マリアナ沖海戦の大敗後、サイパン島陥落を待たずして、東條内閣倒閣運動は岡田・近衛ら重臣グループを中心に急速に激化する。 ...