サイパン島の戦い

全て 名詞
21 の例文 (0.00 秒)
  • 従来の第三水雷戦隊司令部はサイパン島の戦いで全滅していたのである。 ...
  • 同年6月15日、アメリカ軍の上陸を迎え、サイパン島の戦いに参加した。 ...
  • ほかビルマの戦い、サイパン島の戦い、沖縄の戦いなどでも使用された。 ...
  • この第12派遣隊は、当初サイパン島の戦いへの投入が予定されており、直ちに宇品に移動して逆上陸の訓練を行っていたが、戦況の悪化に伴いサイパン島への派遣は中止された。 ...
  • 第五艦隊も「山城」と共にサイパン島の戦いに参加するため横須賀に回航。 ...
  • しかし栗林中将は、サイパン島の戦いにおける戦訓報において水際での防御戦闘が制空権と制海権を持つアメリカ軍に対して、硫黄島が長く持ちこたえることができないことを承知していた。 ...
  • これはサイパン島の戦いのような「水際死守」で多くの兵士を緒戦で失った苦い戦訓から、後方のジャングルでの抵抗線形成が日本軍の作戦となっていたからである。 ...
  • サイパン島の戦いは日本軍の敗北に終わり、現地にて司令官の代行として指揮を執っていた井桁敬治参謀長は自害した。 ...
  • なおこのサイパン島の戦いの折、進軍が遅いのは、指揮に問題があるとして陸軍の長少将を更迭する「スミス対スミス事件」が発生している。 ...
  • サイパン島守備隊の主戦力である第43師団の第二陣を輸送する任務を負った重要船団であったが、米海軍潜水艦の激しい攻撃で軍隊輸送船をことごとく沈められ、サイパン島の戦いにおいて日本軍が短期間で敗れる一因となった。 ...
  • 手前に見える洞窟が反対斜面に築かれた洞窟陣地 大本営陸軍部は、1944年8月19日に、アメリカ軍を相手にしたサイパン島の戦いやグアムの戦いの戦訓を十分に取り入れ作成した「島嶼守備要領」を太平洋各地の島嶼守備隊に指示している。 ...
  • 司令部をサイパン島に置き、アメリカ軍の侵攻に備えていたが、小畑英良軍司令官のパラオ方面出張中にサイパン島の戦いが開始され、司令官一行はサイパン島に戻ることができずグアム島にて指揮を執ることとなった。 ...
  • しかし昭和19年6月のサイパン島の戦いにおいて米軍の徹底した航空爆撃及び昼夜を問わない艦砲射撃の前に水際に集中配備された部隊が次々と攻撃されたことから、大本営は島嶼守備隊戦闘教令を修正する必要を感じ、昭和19年8月に島嶼守備要領を示達した。 ...
  • 激戦となったサイパン島の戦いでは、カッシン・ヤングの護衛部隊が同島への攻撃を行い、同様に、テニアン島やロタ島、グアム島に対し日本軍の飛行場を制圧するため強襲した。 ...
  • この間にサイパン島の戦いがはじまって三水戦司令部はサイパン島から脱出できなくなり、7月8日のサイパン島陥落時に玉砕した。 ...
  • ところが、内地到着後に始まったサイパン島の戦いにより、機材受領後に再びトラック島へ戻るための主要空路を遮断されてしまったため、トラック復帰は取り止めとなり、岩本はしばらく木更津空にとどまったあと、1944年8月、三三二空に異動。 ...
  • さらにチャールズ・オースバーンはグアム島の沿岸陣地に砲撃を加え、グアムの戦いとサイパン島の戦いを援護する空母エセックスの護衛を実施した。 ...
  • 次へ