サイパン丸

全て 名詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • その第一船として建造したパラオ丸に続いて建造されたのがサイパン丸である。 ...
  • サイパン丸は1936年6月16日に三菱重工業長崎造船所で竣工した。 ...
  • サイパン丸の乗組員は自らの命を顧みず船客の避難誘導に務めた結果、2名の犠牲者を出しつつ船客422名のうち389名を救助することに成功した。 ...
  • サイパン丸は推進器が脱落してメインマストが折れた。 ...
  • 全ての目標に魚雷が命中したものと判断されたが、実際には1238に2本目の魚雷、1245に3本目の魚雷がそれぞれサイパン丸に命中しただけであり、止めを刺されたサイパン丸は船尾から沈没した。 ...
  • 全ての目標に魚雷が命中したものと判断されたが、沈没したのはサイパン丸だけであり、12時38分に2本目の魚雷、12時45分に3本目の魚雷がそれぞれ命中して止めを刺された。 ...
  • サイパン丸およびパラオ丸は、三連成レシプロ機関から排出された排気ガスでタービンを回し、出力を増す方式を採用していた。 ...
  • サイパン丸は推進器が脱落してメインマストが折損した。 ...
  • サイパン丸はパラオ丸に続いて竣工後ただちに航路に投入されたが、1937年からの日中戦争に際し、青島の日本人居留民引揚げのため同年8月に、日本政府に一時傭船された。 ...
  • 続いて12時38分に2本目、12時45分に3本目の魚雷が命中し、サイパン丸は船尾より沈没していった。 ...
  • サイパン丸は、日本郵船の内南洋航路の貨客船である。 ...
  • 幾度かの航路の修正が行われたが、1941年12月8日の太平洋戦争勃発後、航路は翌1942年に設立された船舶運営会に「山城丸」や「近江丸」、「サイパン丸」など使用船舶ともども移管され、運航は不定期になって輸送船団を構成することが義務付けられたものの、航路は従前どおり維持された。 ...
  • 横浜港やパラオのコロールからジャルート環礁まで、日本郵船のサイパン丸やパラオ丸による定期航路が就航していたほか、1941年1月より、大日本航空が横浜港からサイパンやパラオを経由してジャルート環礁までの定期旅客便を川西式四発飛行艇により就航させた。
  • 一方、壱岐と怒和島は、パラオから横浜に向かっていたサイパン丸他輸送船2隻と護衛の水雷艇鳩、敷設艇由利島、第31号哨戒艇からなるP607船団の護衛に加わる。 ...