ゴータ公子

18 の用例 (0.01 秒)
  • バイエルン公マックス・エマヌエルとその妻でザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストの娘であるアマーリエの間の第1子、長男として生まれた。
  • バイエルン公マックス・エマヌエルとその妻でザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストの娘であるアマーリエの間の第2子、次男として生まれた。
  • ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストと、その妻でフランス王ルイ・フィリップの娘であるクレマンティーヌ・ドルレアンの長男として生まれ、1870年にハンガリー王国軍の陸軍少佐となった。
  • ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストと、その妻でフランス王ルイ・フィリップの娘であるクレマンティーヌ・ドルレアンの次男として生まれた。
  • バイエルン公マックス・エマヌエルとその妻でザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストの娘であるアマーリエの間の第3子、三男として生まれた。
  • 出生時に父より授けられたパナギュリシテ公爵位を儀礼称号として名乗るほか、王侯貴族の伝統においてブルガリア王子、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子、ザクセン公の称号を保持すると認められている。
  • ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストと、その妻でフランス王ルイ・フィリップの娘であるクレマンティーヌ・ドルレアンの長女として生まれた。
  • ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストと、その妻でフランス王ルイ・フィリップの娘であるクレマンティーヌ・ドルレアンの次女として生まれた。
  • ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバートは彫刻家トーマス・ソーニクロフトに命じブーディカの像を制作させた。
  • ザクセン=コーブルク=ゴータ公子ルートヴィヒ・アウグストと、その妻でブラジル皇帝ペドロ2世の次女レオポルディナとの間の長男として生まれた。
  • ザクセン=コーブルク=ゴータ公子ルートヴィヒ・アウグストと、その妻でブラジル皇帝ペドロ2世の次女レオポルディナとの間の次男として生まれた。
  • ハンガリーの大領主コハーリ侯爵家の当主であるザクセン=コーブルク=ゴータ公子フィリップと、その妻でベルギー王レオポルド2世の娘であるルイーズの間の第2子、長女として生まれた。
  • マックス・エマヌエルは1875年9月20日にオーストリアのにおいて、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストの娘アマーリエと結婚した。
  • 同年12月、イザベルの妹レオポルディナは、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストと結婚した。
  • ポルトガル最後の王家であるブラガンサ=コブルゴ家は、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子フェルディナントが1836年月9日にポルトガル女王マリア2世と結婚したことで成立した。
  • エルンスト・ギュンターは1898年8月2日、コーブルクにおいてザクセン=コーブルク=ゴータ公子フィリップの娘ドロテアと結婚した。
  • 現在、ブラジル皇帝ペドロ2世の次女レオポルディナとその夫のザクセン=コーブルク=ゴータ公子ルートヴィヒ・アウグストの孫娘テレサ・クリスティナの子孫が、ブラジル皇室の一員としてサクセ=コブルゴ・イ・ブラガンサ家を名乗っており、こちらとブラガンサ=サクセ=コブルゴ・イ・ゴータ家は区別が紛らわしい。
  • 同族の又従兄にあたるザクセン=コーブルク=ゴータ公子およびコハーリ侯フィリップに嫁いだ。