ゴルフ三昧

9 の例文 (0.00 秒)
  • 田中は毎年夏になると軽井沢でゴルフ三昧の毎日を送るのを楽しみにしていた。 ...
  • 経営者として成功し続けた後、若くして引退したことで中国では立志伝中の人物となったが、引退後は公の場に出ることは無く、アメリカでゴルフ三昧の毎日を送っている。
  • 休日にゴルフ三昧ざんまいの男たちの中で、次第に腕を上げていった者の中に、やがてインストラクターをやったり、更にはプロになったりする男たちが出現しはじめた。 ...
  • 当時、休筆状態でゴルフ三昧の毎日を過ごしていた本宮は、ジャンプ編集部の西村繁男に愛読者賞の参加を打診されたものの、この時の同誌の状況や自分の状態を考慮した上で断ることを考えていた。
  • 熱海の別荘に居を移して株式投資などのほか、ゴルフ三昧の悠々自適な生活から「ゴルフの宮様」として知られた。 ...
  • しかし、少年・青年期に見られた狂気を孕むかのような鋭く尖った性格はやや和らぎ、深夜に料理人にふぐ刺しを無理やり作らせて一口しか食べない、鷲尾・金光を引き連れてハワイ旅行をし現地でゴルフ三昧に興じるなどの、コミカルな描写も見られるようになっている。 ...
  • 「ゴルフで遊びほうけるどころか、こちとらクライアントのアテンドなんだ」 「会社のお金でゴルフ三昧ざんまいとは、いい身分よね」 ガサゴソと新聞を畳みながら友子が言った。 ...
  • そこでの二日間、連チャンでゴルフ三昧ざんまい ...