ゴナン

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 昔の道中にはいつも三つの御難を覚悟していなければならなかった。 ...
  • ユリも今年は御難ごなんだったが、人生御難つづきでもないものだから、元気で。 ...
  • 精神を修養して返事が出来なくなった日には来客は御難だね。 ...
  • しかしこういう御難ごなんうことはれで、一般には賛を入れておいた方が通りがよい。 ...
  • 而も二月のあの御難月はPCLでのんきな日を送ってゐたのである。 ...
  • この子たちはふたごなんですと説明しても、医者は信じない。 ...
  • ジャーナリズム網も張られているので、雑魚のぼくらまで御難にかかる。 ...
  • そういう娼婦とかかり合いになった男は御難というほかないわ。 ...
  • あの方は、ディオクレティアヌス帝の時代に、信仰のために御難にお会いになったのです。 ...
  • あいつは腰のところで骨と骨とがくっついたふたごなんだ。
  • 今のやくざも同じ手を使うが、これを芸人側では「御難」という。 ...
  • その頃は旅に出ているてえと、ご難しているのが八分で、客がたくさん来て、意外に金が入るというようなことはめったになかったんですよ。 ...
  • そこで煙草を切らしたのだから御難だね。 ...
  • だから、その海の神様に何か差上げなけりゃア、この御難は逃れっこなし。 ...
  • 七月十七日、つまり楯林さんがご難に遭われた日の正午前後の時刻には、確実に東京のアパートの部屋にいたようです。
  • 物かくに御難義ならば、卿雲見え候節代筆御たのみ御容子御申こし可被下候。 ...
  • 俺の病気が伝染うつつたら、お前御難を見るから。 ...