コン屋

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • おめえの心持は、紺屋が若えから腕が未熟で心もとねえというわけだろう。
  • 紺屋地獄は、泥湯で有名な別府温泉保養ランドの所にあった地獄である。 ...
  • 紺屋といふ屋号で知られてゐるこの家は河原町では一番新しい地主だつた。 ...
  • 知念家は初め、紺屋であったが後に紅型の型付も兼業するようになった。 ...
  • 紺屋というのは、先代の親がその商売だったので、渾名あだなになっていた。 ...
  • 北向きのたった一つの格子窓からは路地のすぐ向うに紺屋の勝手口が見えた。 ...
  • 母の性雲院は京都の紺屋の娘で、毛利就隆の継室である禅海院に仕えていた。 ...
  • よく覚えときやがれ、紺屋の手つてえものは昔から黒いんだよ。 ...
  • 京都の紺屋で、かねて長州藩に出入りしていた岡という男がいた。 ...
  • 二人の愛くるしい子供の父親に、紺屋が納まり返っていたからである。 ...
  • 老母は今し方紺屋こうやまで行つたとかで、まるで彼の為めに作られたやうな場面だつた。
  • それだけでも紺屋に云ってやったらどうですかえ? ...
  • 実際一桶の藍を流したので、これは東京では知らぬが田舎の紺屋こうやにはよくある事である。 ...
  • わたくしは近所の人に誘われるままに、この隣りの紺屋へ訪ねて行ってみたのである。 ...
  • 聞けば、お絹は娘義太夫のお春殺しで紺屋に挙げられたそうでございますね?
  • 藤兵衛が紺屋の家に行くと、吉次は座敷で若い女房を相手に晩酌をしていた。 ...
  • 向う両国の紺屋にいる長三郎という今年十九の職人が、すぐに召捕られた。 ...