コンピュータ囲碁

19 の用例 (0.00 秒)
  • コンピュータ囲碁フォーラムの主催により2001年から開催されている。
  • 初期のコンピュータ囲碁のアルゴリズムは、人間の思考に近い手法を採用していた。
  • コンピュータ囲碁の研究はアメリカで始まった。
  • コンピュータ囲碁プログラムは9路盤をはじめとする小路盤において力を発揮するとされている。
  • とりわけ、厚みの形式的表現が極めて困難なことが、コンピュータ囲碁ソフトの最大の壁であるとも言われる。
  • コンピュータチェスやコンピュータ囲碁などでは問題を表すグラフの先読みを制限する必要がある。
  • 企業の管理システムやユーティリティソフト開発のほか、コンピュータ囲碁や将棋などのゲームソフト開発を行っている。
  • 朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮コンピューターセンターでは銀星囲碁というコンピュータ囲碁のプログラムを作っている。
  • コンピュータ囲碁とは、人工知能研究の一分野で、ボードゲームの囲碁を打てるコンピュータプログラムを作ることを目的とした試みのことを指す。
  • これはその年のUEC杯コンピュータ囲碁大会で決勝に進んだ2つのプログラムが、日本棋院のプロ棋士とハンデ付きで戦うというものである。
  • なお、1999年に行われた第1回CGFコンピュータ囲碁大会の成績についても本稿で記述する。
  • その年のUEC杯コンピュータ囲碁大会で決勝まで進んだ2つのプログラムが、日本棋院のプロ棋士とハンデ付きで戦う。
  • また、日本での大会としては、FOST杯、世界コンピュータ囲碁大会 岐阜チャレンジなどが開催された。
  • 銀星囲碁がコンピュータ囲碁の最強クラス、銀星将棋もコンピュータ将棋の準最強クラスに位置しているが、他のゲームが「最強」の評価を得ているわけではない。
  • これが、チェスではコンピュータが世界チャンピオンを破り、将棋でもプロの実力と拮抗しつつあるのに対して、コンピュータ囲碁ソフトの進歩がはかどらない理由とされている。
  • プレイヤーが1人であってもコンピュータチェス/コンピュータ将棋/コンピュータ囲碁のように人工知能が対戦相手役を兼ねることができる。
  • しかし、ソフトに囲碁の定石を覚えさせる方針から、確率を重視する方法を採用したことにより、数十年にわたってアマチュア級位者のレベルを脱しなかったコンピュータ囲碁が、2000年代後半になってアマチュア段位者のレベルになるなど、発展を遂げている。
  • 吸収合併される直前の主力商品は、年賀状作成ソフト「筆王」や、コンピュータ将棋ソフト「AI将棋」、コンピュータ囲碁ソフト「AI囲碁」など。
  • トーナメントには、メイントーナメント、ペア碁、連碁、13路盤、9路盤、早碁、子供大会、レディーストーナメント、コンピュータ囲碁大会などがある。