コンクリートの土台

28 の用例 (0.00 秒)
  • 壺を抱いて灌木かんぼくの間に隠れているコンクリートの土台によじ昇り、一番太い鉄骨の間へそれを差し入れた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 5) 太閤殿下の定吉セブン』より引用
  • 雨ざらしになって変色した鉄骨を見あげ、ゴミに汚れた敷地を歩き、しみだらけのコンクリートの土台に腰かける。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • そして彼女もまたコンクリートの土台から滑り降りると、用心深く滋子の方に近づきながら、言った。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • また、山中に入っていくと、3ヶ所存在していた橋梁のうちの二ヶ所のコンクリートの土台があったり、シェルターの残骸やベルトコンベアなどの部品が至るところに散乱していたりする他、コンクリート製の路盤が残っているところもある。
  • 瓦は愛知県から、ガラスはイギリスから仕入れ、コンクリートの土台を覆う御影石は久慈郡大子町のものを使用した。
  • 看板と同じように似顔を描き、横文字でチャル専用と書いたプラスチックのボウルにたっぷりの肉を入れて、わが家の台所の真下にあたるコンクリートの土台に置きます。 工藤久代『ワルシャワ猫物語』より引用
  • 梁を支える両端の鉄骨も同じように太く頑丈で、コンクリートの土台に深く食い込んでいるらしかった。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • コンクリートの土台は、つるはしで打ち砕き、リヤカーに積み上げてトラックまで運ぶ。 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用