コミミ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 会話を小耳に挟んだのか、周囲にいた人々もまた目配せをし合っていた。 ...
  • 自分の母親の実家に伝わったいろいろの伝説なども小耳にはさんでいた。 ...
  • この表現は、いつか、叔母さんが言っているのを小耳に挟んだのである。 ...
  • そういうことには興味がもてないので、小耳にはさんだだけであったが。 ...
  • 東京近郊から越してくるらしい、という噂だけを小耳に挟んでいた。 ...
  • チューは会話を両方とも小耳にはさんだのかもしれぬと私は気づいた。 ...
  • しかし、葉子に恋人があるという噂を小耳にしたのは、ようやく三日前だ。 ...
  • 小耳に挟んだんだけどさ、おまえ少年課では曲者コロンボだといわれてるんだって? ...
  • そういえば何やら小耳に挟んだような気もするが、しかとは覚えていない。
  • そのときかたわらを通りかかった中川寛子がその会話を小耳にはさんだ。 ...
  • かれらが彼女のことを話しているのを小耳にはさんだのだがね。 ...
  • 藤枝の呼びかけを小耳にはさんで、すばやく百合の名をおぼえたらしい。 ...
  • 悠木が日航機事故のデスクになったことを小耳に挟んでいたのだろう。 ...
  • わたしにわかるとすれば、それは偶然、小耳にはさむということしかない。 ...
  • ただ水音の聞える庭の裏手に、舟着場があると小耳にはさんだことがあった。 ...
  • 最初に誘われた時から『超包子』についての話をあちこちで小耳に挟んだ。 ...
  • まあ、小耳に挟むくらいはしていたろうが、くらいには思ったかも知れない。 ...