コマンドを入力すること

57 の用例 (0.00 秒)
  • コマンドを入力することで序盤から必殺技を使用することが可能となる。
  • タイトル画面で隠しコマンドを入力することで使用可能になる。
  • また、別のコマンドを入力することによってレッドアイが使用可能になる。
  • なお、特殊なコマンドを入力することで、ユニットを手動で操作できる。
  • 以下のキャラクターは通常は選択できないが、隠しコマンドを入力することで隠しキャラクターとして使用することができる。
  • また、隠しコマンドを入力することで、状況をさらに悪化させて難易度を高くすることも可能である。
  • また、特定の順番でコマンドを入力することでアーツが発動することもある。
  • ただし、タイトル画面で隠しコマンドを入力することによって、開始する面を選択することができる。
  • 前作同様に、特殊なコマンドを入力することで、ユニットを手動で操作できた。
  • この宣言が行われてから一定時間内に所定のコマンドを入力することで、スペルカードが効果を発揮する。
  • 乱馬以外は説明書にコマンドが記載されていないが、挑発後に隠しコマンドを入力することでより強力な必殺技を使用できる。
  • 家庭用ではタイトル画面でコマンドを入力することにより、追加要素や調整が盛り込まれた裏モードをプレイすることができる。
  • 隠しキャラクターのような位置付けのアーマーであるため通常のプレイでは登場せず、プレイヤー選択画面で特定の隠しコマンドを入力することによりゲーム中での入手が可能となる。
  • 特定のコマンドを入力することでプレイを有利に進められる。
  • コマンドラインインタプリタに文字列の形でコマンドを入力することでコンピュータを直接操作したり、そのようなコマンドを並べたスクリプトを書いて実行させたりするのに使われる。
  • 隠しコマンドを入力することでプレイヤーキャラクターとしても使えるが、その際のストーリーはベガのものと同一となる。
  • また、スタート時の画面でコナミコマンドを入力することで専用の隠しコスチュームが入手できる。
  • セーブ機能は無いが、説明書に記載されているコマンドを入力することで全ミッションを解禁できる。
  • タイトル画面でとあるコマンドを入力することにより裏面をプレイすることができる。
  • ボスが来たとは、パソコンソフトに搭載されている機能で、特定のキーを押すなどの決められたコマンドを入力することで、瞬時に仕事をしているような画面を表示するものである。
  • 次へ »