ケーブルエレクション

13 の例文 (0.00 秒)
  • なお当時はフローティングクレーンでの一括架設は技術的に無理だった時代であったことから、この橋はケーブルエレクション工法により架設している。 ...
  • 当橋梁の建設にあたってはケーブルクレーンベント工法とケーブルエレクション直吊工法が用いられた。 ...
  • このため、アーチ部は鉄塔から斜めに張ったケーブルで支えながら架設していくケーブルエレクション斜吊工法が採用された。 ...
  • 一方中央付近ではベントを建てることは無理であり、ケーブルエレクション工法とカンチレバー工法の選択を検討し、工期と工費の面からカンチレバー工法が選択された。 ...
  • 滝谷川は深い峡谷であるため、本橋梁は懸吊式ケーブルエレクション工法にて架設されている。 ...
  • 本橋梁は本名ダムの下流側に架かっているが、本橋梁の建設時には本名ダムの放流時の影響を避けるために、トラス桁部分は垂直吊りケーブルエレクション工法にて架設されている。 ...
  • また、橋梁の架設時には1日数百隻が行き交う旧淀川の航路を閉鎖せず施工するため、両側の橋脚上に高さ38mの仮設鉄塔を設け、鉄塔間に張り渡されたケーブルからハンガーロープにより橋体を吊り下げながら架設する「ケーブルエレクション工法」が用いられた。 ...
  • 当地の阿武隈川の川幅が広大だったことからケーブルエレクション斜吊り工法と片持梁工法が併用され、側径間の一部がトラッククレーンベント工法で建設された。 ...
  • 橋の施工は上部工は宮地鉄工所下部工は大滝村磯田建設が担当し、架設工法として、ケーブルエレクション工法が用いられた。 ...
  • 架設工法は架橋場所が深い谷なので、両岸に架橋に用いる鉄塔を仮設してそこからケーブルを対岸方向に斜めに張り、アーチリブなどの架設部材をケーブルで支えながら架設する、「ケーブルエレクション斜吊工法」が採用された。 ...
  • 橋の設計者は倉方慶夫で、橋の施工は宮地鉄工所、および横河ブリッジが行い、架設工法としてケーブルエレクション斜吊り工法が用いられた。 ...
  • 施工会社は横河ブリッジおよび日本鋼管で、架設工法はトラッククレーンベント工法や、ケーブルエレクション斜吊り工法が用いられている。 ...