ケースも多々

57 の用例 (0.01 秒)
  • 再発と手術を繰り返し、最後には脳の半分がなくなってしまうケースも多々ある。
  • この返しが何らかのネタふりになっているケースも多々ある。
  • 解説者として元選手が登場するケースも多々見受けられた。
  • 雑談的な話の中から、アイディアが生まれ、具体化されるケースも多々ある。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • このため、一般商業印刷を行っている印刷会社が同人誌印刷に参入するケースも多々見られる。
  • そのため出産時のリスクが高く、母子が危険にさらされるケースも多々ある。
  • さして詳しい調査もしないで、自殺としたケースも多々ある。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • そのためか、スタイルに合わせられずに長文の解説・論説を書き並べてしまうケースも多々見受けられている。
  • また暗い夜など、現場に入って来た人が電気をつけると、室内に充満していたガスが、スイッチの火花に反応し爆発火災になるケースも多々あった。 上野正彦『死体検死医』より引用
  • 子供たちが学校などで面白半分に行うケースが多発し、その中には、その時代を知る人々は、絶対にやらないようにと強く警告を発しているケースも多々見られる。
  • しかし悪神と恐れられる神も荒神のように祀る事で、逆に人間の守護神に変えて信仰されるケースも多々ある。
  • しかし、買取は本の状態を重視しているので希少本でも買い取り拒否・破棄されるケースも多々ある。
  • ただし、艦政本部と航空本部の分掌は重複していることも多く、どちらに属すると明言できないケースも多々見られる。
  • だがこの時代は、リバースエンジニアリング上の技術的な問題から、動作不良を起こすケースも多々見られた。
  • また、コスト面のデメリットから再放送やビデオソフト化の際に使われず、その多くは素材そのものが破棄されているケースも多々存在した。
  • 若い時は、男の人に急にそういうことを誘われる、という素敵なこともあったが、ムダ毛のことを考えてお断りしたというケースも多々あった。 林真理子『美女入門 PART3』より引用
  • ストーリーと作画の分業は昔からよくあるケースであるが、実際は原作者は初期程度で後は作画担当者が独自に筆をすすめ発表するケースも多々あり、後に権利関係で揉める事案もある。
  • 部下の手柄を横取りしたり、不祥事に対して「私はこの会社のことは全く知らない」などと言って、自分だけは責任を逃れたりするケースも多々ある。
  • それぞれの類書の成立以後、引用した底本となった書籍が散逸してしまうケースも多々生じた。
  • 日本の攻撃に対しては迎撃に成功したケースも多々あったが大勢では地上爆撃も許し、日本側が空母や水上機母艦を増援し、更に地上基地を確保して現地の飛行場が使えるようになるに従って制空権は日本側に移っていった。
  • 次へ »