ケトエノール互変異性

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • エンジオール構造はケトエノール互変異性によりカルボニル基と等価であるから、プロトンが脱離してできるアニオンの電荷が共鳴構造や芳香族性により安定化される。 ...
  • right|thumb|450px|ザルトプロフェンのケトエノール互変異性 ザルトプロフェンは、分子内に硫黄原子を含んだ非ステロイド性抗炎症薬であり、分子式C 17 H 14 O 3 Sで、分子量は約298である。 ...