クショウ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼らもやはり苦笑いを浮かべており、同情の視線で健一の方を見ていた。 ...
  • 妻にこんなことまでされて、苦笑いしているだけなんて、信じられない。 ...
  • 読み手に苦笑いをさせることを目的として書籍制作をしているという。
  • こういうときには苦笑いをするべきだと心に決めているみたいな笑い方だった。 ...
  • 祥子さまは苦笑いしていたから、その反応が正解だったのかもしれない。 ...
  • 大きな鳥の卵のような瓜を一つわきかかえ、一つを手に持って苦笑いをする。 ...
  • そのたびに、この一等大尉は妙な苦笑いを頬に浮べているのを常とした。 ...
  • そうすれば秀児も、彼にしては珍しい苦笑いというものをするに違いない。 ...
  • その後、担当の声優が同じ三石に決まったことを聞き苦笑いをした。 ...
  • 僕はそんな里香の様子に苦笑いしながら、彼女のあとをついていった。
  • それがあまりにもよく見えるので、ちか子はふと苦笑いをしそうになった。 ...
  • 回転椅子に座った石飛さんが苦笑いしながら小さく舌を出している。 ...
  • それに対して彼は苦笑にがわらいをし溜息をついて、こう答えるのを常とした。
  • 「しばらく使ってないんですよ」 苦笑いをかべながら言い訳をする。
  • 筧は申し訳なさそうに、都筑は苦笑いして、二人の姿をじっと見ていた。
  • レミーは苦笑いをしながらもファンに日本語で感謝の気持ちを伝えた。 ...
  • その証拠には、隠しても隠し切れぬ苦笑いがその表情の中に浮き出して来る。 ...