ギャリック

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ギャリックがドン・ペドロを演じたが、これは彼が最後に演じた新作の役柄であった。 ...
  • ギャリックは再びフラッシュとして活動する準備を始め、最近発生した3つの不可解な犯罪についてバリーに説明する。 ...
  • その後、2002年にロンドンのピット劇場及びギャリック劇場その他を巡業した。 ...
  • また、本作はギャリックの長編映画監督デビュー作でもある。 ...
  • デイヴィッド・ギャリックはほぼ原型に戻して上演し、成功を収め、ポステュマスはギャリックの当たり役となった。
  • どうやら、30代後半のバリーやギャリックがあるシーズンは若きロミオを、翌シーズンは老いたリア王を演じることについて差し障りがあるとは考えられていなかったようである。
  • また、在スペイン公使の在任中にフランスの劇作家カロン・ド・ボーマルシェと友人になり、その劇作をギャリックに推薦したという。 ...
  • シェークスピアの悲劇の登場人物を演じさせると当代一とうたわれ、その名声はヨーロッパに広まり、特にドイツでは1770年代後半に「ギャリック旋風」とでもいえる現象を引き起こした。 ...
  • ロビンソンは、いっとき、社会改革者ハンナ・モア経営の学校に通学したが、俳優デーヴィッド・ギャリックの注目を引いた。 ...
  • ダーシュコワはパーヴェルの教育環境を整え、デービッド・ギャリック、ウィリアム・ロバートソンらに息子の教育を任せた。 ...
  • もう一枚のビラには、公爵は「ロンドン、ドルーリー・レーン座の世界的に有名なシェクスピア悲劇俳優、二代目ギャリック」となっていた。 ...
  • ギャリックは1747年から1776年までの間に26作シェイクスピア劇を上演することになり、1769年にはストラトフォード=アポン=エイヴォンでシェイクスピア・ジュビリー祭を開催した。
  • トーマス・サザーンの劇『イザベラ、または運命の結婚』でギャリックの抜擢により主役イザベラ役を演じ、すぐにセンセーションを巻き起こした。 ...
  • 危機が去り、バルコフは自身の行動によってロシアから否認された後、プライスはラズウェルと会ってタスクフォース141の結成について話し合い、プライスの部下のカイル・「ギャズ」・ギャリック、ジョン・「ソープ」・マクタビッシュ、サイモン・「ゴースト」・ライリーが検討対象に挙がった。 ...
  • thumb|220px|トマス・ゲインズバラ画・ギャリックの肖像 デイヴィッド・ギャリックは18世紀イギリスの俳優、劇作家、劇場支配人。 ...