キーンという音

17 の例文 (0.00 秒)
  • 以後はかすかにキーンという音がひびくだけで、ずいぶん快適になった。 ...
  • シンの頭の中にキーンという音が通り抜けるような感覚が襲ってきた。 ...
  • 録音スタジオには私一人で、じっとしていると、何かキーンという音がしている。 ...
  • ひんやりとした空気にキーンという音だけが、妙に自然な感じで溶け込んでいる。 ...
  • キーンという音と鉄臭かなくさい匂いが発し、相手の刀身の三分の一が折れて飛んだ。 ...
  • 突然、それにキーンという音が加わり、音全体が大きくなった。 ...
  • キーンという音で、もうそれ以上しまらないことがわかる。 ...
  • 敵の戦闘機が何か攻撃目標を見つけたらしく、すぐ近くを、バリバリ、キーンという音とともに機関銃の弾が通過する。 ...
  • 聴覚は周囲の音が一時的に耳鳴りのような甲高いキーンという音以外全く聞こえなくなるか、聞きづらくなる。 ...
  • 竜巻の接近によって気圧が急降下・急上昇すると、キーンという音や耳鳴りといった耳の異常を感じることがあるほか、激しい気流の渦に伴う轟音、飛散物の衝突に伴う衝撃音などもある。 ...
  • 次第に速さをまし、キーンという音が高まるにつれ、入口を回転する魔法によってはばまれた<闇>は、口惜しさと衝撃しようげきと怒りにわめきたてた。 ...
  • 甲高いキーンという音と、落雷のような爆音がとどろきだした。 ...
  • 前方から左右にすっ飛んでいく福岡空港の風景とスロットルを絞るキーンという音をききながら、おれは立ち上がり、ドアの方へ急いだ。 ...
  • 近づく者を拒み、クルクル、クルクル、回転のあまりの速さにおびやかすようなキーンという音を発していた。 ...
  • 今までなかったこの現象に戸惑ううちにカオスエメラルドの振動は激しさを増し、振動が最高潮に達した時、キーンという音と共に閃光が瞬き、ナックルは祭壇の外に投げ出されてしまった。 ...
  • 回転子の回転はどんどん速くなり、そのかぼそいカン高いキーンという音は、聞き取れるか取れないまでに高まっていく。 ...