キュメンラークソ県

全て 名詞
24 の例文 (0.00 秒)
  • キュメンラークソ県の最大都市であり同県の県庁でもある。 ...
  • キュミは、ヘルシンキより東におよそ100キロ離れたキュメンラークソ県の海岸沿いに位置するコトカを構成する自治体の一つである。
  • キュミは1997年迄はキュミ州に属していたが、州の大規模再編によりキュメンラークソ県に属する事となった。 ...
  • フィンランド南東部、キュメンラークソ県のハミナに牧師の息子に生まれた。 ...
  • ウーシマー県、パイヤト=ハメ県、キュメンラークソ県と接していた。 ...
  • そして、2011年1月1日に東ウーシマー県がウーシマー県と合併して消滅したので、ウーシマー県とキュメンラークソ県が現在ウーシマーの地域を管轄している。 ...
  • キュメンラークソ県、南サヴォ県、北カルヤラ県に接しており、南東でロシア連邦のカレリア共和国と国境を接している。 ...
  • コウヴォラは、キュメンラークソ県に属する、フィンランドの基礎自治体である。 ...
  • そのため、ウーシマーの地域は、最上位行政区画となったウーシマー県と東ウーシマー県、キュメンラークソ県が管轄するようになる。 ...
  • ヴィロラハティは、フィンランド東南部キュメンラークソ県の、ロシア連邦との国境の程近くに位置する自治体。 ...
  • コトカは、フィンランド東南部キュメンラークソ県に位置し、キュミ川がフィンランド湾に注ぐ河口に位置する自治体。 ...
  • 現在、ハメだった地域は、主に中央スオミ県、パイヤト=ハメ県、カンタ=ハメ県、キュメンラークソ県の県域となっている。 ...
  • FCコーテーペーは、フィンランドの南東部、南スオミ州、キュメンラークソ県の都市コトカに本拠地を置くサッカークラブチームである。
  • また、カルヤラ北部の極一部地域が北サヴォ県、カルヤラ南部の極一部地域が南サヴォ県とキュメンラークソ県の県域にある。 ...
  • エーヴァ・ルオッパはフィンランド、キュメンラークソ県ミエヒッカラ出身の元クロスカントリースキー選手。
  • ニロ・ハロネンは、フィンランド南スオミ州・キュメンラークソ県コウヴォラ出身の元スキージャンプ選手。
  • 北に北サヴォ県、東に北カルヤラ県、南に南カルヤラ県、キュメンラークソ県、南西にパイヤト=ハメ県、北西に中部スオミ県と接する。 ...
  • 次へ