キャラクターの外見

30 の用例 (0.00 秒)
  • またプレイヤーキャラクターの外見や個人装備などもカスタマイズ可能である。
  • 状態変化系の魔法の内、キャラクターの外見さえも変えてしまうものとして以下のものが存在する。
  • キャラクターの外見や必殺技などはどちらかというとコミカルな雰囲気のものが多い。
  • 装備品のうち、武器と盾と兜はキャラクターの外見にも反映される。
  • なお人間・サイロン共に、ゲーム開始時に作成したキャラクターの外見は以降変更することが出来ない。
  • キャラクターの外見年齢はステージの年代に関係なく固定され、青年のキャラクターは常に青年で、老人のキャラクターは常に老人である。
  • この頃の小林はスター・システムを多く使っており、キャラクターの外見・名前・校名は、他の作品にも比較的多く見つけることができる。
  • 今作ではプレイ中の選択肢により、ハリーの性格が変化していき、他キャラクターの外見や性格の変化が生じていく。
  • キャラクターの外見は基本的にNHKで放送された人形劇 三国志のものをデフォルメ表現しており、キャラクターの名前についても同番組と同じものを使用している。
  • アイテムを用いることで、キャラクターの外見及び機動性や攻撃可能頻度などのキャラクター性能を変更することができる。
  • また、モンスター職は転職した時点でキャラクターの外見がそのモンスターの姿になるように変更された。
  • ヘルパーは基本的にはその能力を宿した敵キャラクターの外見をとり、性能や操作方法がほぼカービィと同じでも、扱える技が異なる者・独自の特徴を持つ者なども存在する。
  • CVシリーズでは製品のイメージに見合ったキャラクターの外見、それに年齢・身長といったキャラクター設定も定められることになったが、これは自由すぎるのはかえって不自由であり、ある程度はイメージに制限を設けたほうが良いと考えられたからである。
  • キャラクターの外見、基本設定は、劇場版と原作を取り混ぜた形になっているが、物語の舞台設定は劇場版や原作のストーリーとは違うパラレルワールドとなっている。
  • また、アイテムには最大3つの部位に分けて色が付けられており、装備品の色はキャラクターの外見に反映される。
  • このほか、オンライン対戦時に使用するキャラクターの外見をオプション機能でデザインする機能や、シングルプレイで獲得したスキルポイントで入手できる戦利品なども用意されている。
  • PSO2ではゲーム開始後も、髪型や体格や肌の色などキャラクターの外見をある程度自由に変更可能であり、それらの変更を行うための「エステ」が設置されている。
  • キャラクターの外見を変更する衣装のアイテムには、コスチュームとパーツが存在する。
  • プレイ中、他のプレイヤーに限らず、キャラクターのプレイヤーとゲームマスターに知られている正確な統計情報と他の特性がキャラクターを間接的に特徴付けている間、キャラクターの外見だけは通常は明示的に記述される。
  • それは統計の面でキャラクターの物理的、精神的、心理的、社会的な特性を、ゲーム特有の表現だけではなく、多くの場合、キャラクターの外見、性格、個人的なバックストーリーと財産などの形式的な記述が、その最も包括的な形で含まれている。
  • 次へ »